医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 国内初となるモノクローナル抗体バイオ後続品を発売−日本化薬

国内初となるモノクローナル抗体バイオ後続品を発売−日本化薬

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月03日 AM06:00

インフリキシマブBS点滴静注用100mg「NK」

日本化薬株式会社は11月28日、抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤のインフリキシマブBS点滴静注用100mg「NK」を発売したと発表した。


この画像はイメージです

インフリキシマブBS点滴静注用100mg「NK」は、関節リウマチ、炎症性腸疾患等の自己免疫疾患治療において重要な役割を果たしているインフリキシマブ(遺伝子組換え)製剤のバイオ後続品。日本国内で最初に承認されたモノクローナル抗体のバイオ後続品であり、既に韓国、欧州を含む29か国で販売されている。

関節リウマチ、炎症性腸疾患などの自己免疫疾患治療に

日本化薬は、2010年11月に韓国のCelltrion, Inc.及びCelltrion Healthcare Co., Ltd.と日本における同剤の共同開発・販売に関する契約を締結後、開発に着手し、今年7月に製造販売承認を取得していた。

日本化薬にとって同剤は、フィルグラスチムBS注シリンジ「NK」に続くバイオ後続品となる。自己免疫疾患の分野では、2001年にシェーグレン症候群患者の口腔乾燥症状の改善薬サリグレン(R)カプセル30mgを販売している。

ニュースリリースでは、

「インフリキシマブBS点滴静注用100mg「NK」を上市することにより、関節リウマチ、炎症性腸疾患の患者様やそのご家族、医療関係者の皆様に貢献してまいります」

と述べられている。(

▼外部リンク
日本化薬株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 結核治療薬の探索に関する共同研究契約を締結-アステラスとTBアライアンス
  • 肝疾患治療薬の創出・開発に向けた共同研究契約を締結-武田薬品と米HemoShear社
  • アルコール依存症の飲酒量低減薬ナルメフェンを承認申請-大塚製薬とルンドベック社
  • タグリッソによる一次治療、日本人サブグループでもPFS5.3か月延長-AZ
  • コセンティクス、乾癬対象P3試験で皮膚症状の寛解率を5年間維持-スイス・ノバルティス