医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > C型慢性肝炎治療薬バニヘップを発売−MSD

C型慢性肝炎治療薬バニヘップを発売−MSD

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月02日 PM03:00

患者数が150~200万人にのぼるC型肝炎ウイルス

MSD株式会社は11月25日、C型慢性肝炎治療薬「バニヘップ(R)カプセル150mg」(一般名:バニプレビル)を発売したと発表した。


画像はニュースリリースより

現在、日本では約150~200万人がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染していると推定されているが、感染を知らない人や、知っていても通院しない人が多いのが現状と言われている。慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者の約75%がHCVに感染しており、年間3万人が肝がんにより亡くなっている。

ジェノタイプ1型のC型慢性肝炎に有効

同剤は、Merck & Co., Inc., Whitehouse Station, N.J., U.S.A.が開発した第二世代のプロテアーゼ阻害剤で、HCVの複製に関わる酵素を阻害する。ペグインターフェロン アルファ-2b(遺伝子組換え)・リバビリンとの3剤併用療法により、日本人のC型肝炎患者の約70%を占めるジェノタイプ1型のC型慢性肝炎に効果を示すと言われている。なお、同剤は日本でのみの発売となる。

血中HCV RNA量が高値の未治療患者、あるいはインターフェロンを含む治療法で再燃となった患者に使用する場合は、成人には1回300mgを1日2回、12週間経口投与する。また、インターフェロンを含む治療法で無効となった患者に使用する場合は、成人には1回300mgを1日2回、24週間経口投与する。

同社は今後、「バニヘップ」および既存のC型慢性肝炎治療薬を通し、患者や医療従事者の皆に貢献できるよう努力していく、と述べている。(

▼外部リンク
MSD株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • デュピクセント、コントロール不良中等~重症ぜんそく小児対象P3試験で重度発作を有意に低減-仏サノフィ
  • 成人HIV-1感染症患者へのIslatravirとドラビリン併用後期P2試験96週時データ、MK-8507のP1試験結果を発表-米Merck
  • タグリッソ、早期EGFRm NSCLC術後補助療法として中枢神経での再発リスク82%低減-英AZ
  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ