医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > スマホアプリでエボラ出血熱の最新情報を発信−インターナショナルSOSジャパン

スマホアプリでエボラ出血熱の最新情報を発信−インターナショナルSOSジャパン

読了時間:約 53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日 PM02:15

最新情報や感染地域マップなどの情報を提供

インターナショナルSOSジャパン株式会社は11月19日、エボラ出血熱に関するスマホアプリ「Ebola: What you need to know」の提供を開始したと発表した。


画像はプレスリリースより

これは、世界中で展開されているエボラ出血熱対策キャンペーンを支援することを目的に開発されたもの。「エボラ出血熱最新情報」や「感染地域マップ」、「出張時の注意点の啓蒙ビデオ」など7つのコンテンツを含んでいる。

同アプリは、iOSとアンドロイドに対応。ウェブ版同様に、スマートフォンアプリ版からもインターナショナルSOSの医師監修による最新情報へのアクセスが可能となっている。

スマホから最新で正確な情報を入手

医療面における世界規模の緊急事態ともいえるエボラ出血熱の拡大に対応するために、最新で正確な情報を得ることは重要である。このエボラアプリにより、信頼性の高い情報を手軽に手に入れることができるようになったとしている。

インターナショナルSOS情報分析部門のメディカル・ディレクターであるダグ・クァリー医師はプレスリリースで、

「最新かつ正確な情報を迅速に収集することが最も大切な現状において、信頼度の高い情報をどこへ渡航する際にも携帯出来るスマホアプリは、まさに消費者のニーズにマッチしていると言えます」

とコメントしている。

▼外部リンク
インターナショナルSOSジャパン株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 医薬品開発に重要な治療標的分子、ビッグデータから高精度予測する手法を開発-九工大
  • 高分子医薬品が脳に届くか培養組織でわかる「血液脳関門モデル」開発-東京薬科大ほか
  • 抗体と近赤外光で病原体を選択的に駆除する、画期的な治療法を開発-慈恵大ほか
  • 新型コロナウイルス感染症の新しい迅速診断パッチを開発、無痛で貼るだけ-東大
  • 抗がん剤トポテカン、RPL15阻害を介しがん免疫を活性化する機序を解明-北大ほか