医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 特発性肺線維症に関する6つの候補薬で特許出願-ファーマフーズ

特発性肺線維症に関する6つの候補薬で特許出願-ファーマフーズ

読了時間:約 1分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月21日 PM06:30

確定診断後の平均生存期間が約3年と致死性の高い疾患

株式会社ファーマフーズは11月14日、特発性肺線維症に関する6種の有望化合物()を選定することに成功し、同候補薬に関する特許出願を行ったと発表した。


画像はwikiメディアより引用
Author : IPFeditor

特発性肺線維症は、確定診断後の平均生存期間が約3年と致死性の高い疾患で、日本国内では1万数千人、米国、欧州で約7万人の患者がいるとされる。肺胞領域における線維化が高度に進行した結果、肺が硬化し、呼吸機能が失われていく難治性疾患だ。現状では、副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤、ピルフェニドンなどの抗線維化薬で対応することが一般的となっている。

2017年には約1100億円まで市場拡大の見込み

この特発性肺線維症について、ファーマフーズは、肺の間質部における間葉化プロセスがみられることに着目。間葉化抑制剤をマーカーとして、既承認薬から2,000の化合物をスクリーニングした結果、候補薬となる6種の有望化合物の選定に成功。同社はこれら候補薬について、特許出願を行ったとしている。6種の有望化合物は、いずれも既に承認されている薬剤であることから、安全性が担保されており、比較的早期に上市されるものとなることが期待される。

特発性肺線維症の市場は、2012年時点で約50億円、2017年には20倍超の約1100億円になるといわれ、市場の拡大が見込まれている。同社では、この新薬開発プロジェクトを、製薬企業へのライセンスアウトの可能性が高いものと位置づけ、今後各研究機関と提携し、開発を推進していく方針としている。

▼外部リンク
株式会社ファーマフーズ プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 養子免疫療法の改良につながるキラーT細胞クローンをiPS細胞から作製-CiRAほか
  • 脳内神経回路の活動異常をPETで画像化する技術を開発、世界初-量研ほか
  • 肥満度とニンジン摂取頻度の関連に影響するSNPを発見-新潟大ほか
  • 日本の子ども8人に1人がCSHCN、養育者のストレスと有意に関連-東大ほか
  • 子どもの「スマホ依存」改善に向けた特定臨床研究を開始-東京医歯大ほか