医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > NCNP 脳卒中を再現した実験動物の開発に成功

NCNP 脳卒中を再現した実験動物の開発に成功

読了時間:約 48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月29日 PM01:00

小型霊長類のコモンマーモセットで

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター()は10月21日、ヒトの脳卒中を再現した実験動物の開発に成功したと発表した。


画像はプレスリリースより

これは、同センター神経研究所モデル動物開発研究部のサンドラ研究員と関和彦部長らの研究グループによる研究成果で、国際脳研究機構発行の学会誌「Neuroscience」に掲載される。

小型の霊長類であるコモンマーモセットにおいてヒトの脳深部の脳卒中を再現することに成功したもので、プレスリリースでは

研究で確立した技術を応用すれば、ヒトにおける様々なタイプの脳卒中をマーモセットにおいて再現し、それぞれに対する治療方法の確立に貢献する事が期待されます。

と述べられている。

新たなリハビリ法の開発に期待

研究グループは、四肢の運動制御に欠かすことができない領域である脳深部の内包に血液を送る前脈絡叢動脈を閉塞することによって、運動機能に限定した障害が引き起こされることを確認したという。

これまでに開発されていた動物モデルのほとんどはラットやマウスといったげっ歯類であるため、治療法確立は困難であった。今回開発されたモデル動物を用いて、新たなリハビリ法開発につながることが期待される。

▼外部リンク
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか