医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > NEC 看護師が病室映像をスマホで確認できる統合型システムを発売

NEC 看護師が病室映像をスマホで確認できる統合型システムを発売

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月06日 PM12:45

ナースコールシステムと連携、病室等の映像を素早く提供

日本電気株式会社()は9月26日、新製品「Application Platform for Healthcare」を同日より販売開始すると発表した。


画像はプレスリリースより

同製品は、院内の音声通信システムと看護業務で用いられるナースコールシステムを連携させ、看護師が利用するスマートフォンへ患者の情報や病室等の映像を素早く提供するもの。

慢性的な看護師不足である日本の医療機関において、看護師一人にかかる負荷は増大しており、ICTの活用によって看護に関わる業務を効率化し、看護師への負荷を軽減、安心な看護サービスを充実することが医療機関の課題となっている。

こうした状況を受け、NECは安全で効率的な医療サービスの環境を整備し、安心できる看護サービスを充実させるべく、同製品を開発したという。

状況把握の時間を短縮、看護ケアの向上を

同製品は、IAサーバ「Express5800」と、仮想化基盤上で動作するOS、データベースおよびソフトウェアを組み合わせ、音声通信システム基盤として「UNIVERGE SV9500」を連携したもので、NECの統合型システム「NEC Solution Platforms」の新たなラインアップとして販売される。

看護師が利用するスマートフォンへ患者の情報・病室等の映像を素早く提供することで、看護業務で重要となる患者の状況把握までの時間を短縮し、看護ケアの質向上を実現するとしている。(浅見園子)

▼外部リンク
日本電気株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 下水処理水の消毒によるウイルス不活化効率予測モデルを構築-東北大
  • 内視鏡診断支援機能「CAD EYE」搭載の「EW10-EC02」発売へ-富士フイルム
  • ミトコンドリア病を迅速かつ高精度に診断可能な全自動デバイスを開発-久留米大ほか
  • AI手法を組み合わせ、機能向上と副作用低下を両立させた人工心臓をデザイン-産総研
  • COVID-19肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォームを開発-NIIほか