医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 独ベーリンガーの「ニンテダニブ」 呼吸機能の程度にかかわらずIPF患者の呼吸機能減少を抑制

独ベーリンガーの「ニンテダニブ」 呼吸機能の程度にかかわらずIPF患者の呼吸機能減少を抑制

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月22日 PM05:00

24か国、1,066名の患者を対象とした試験により

独ベーリンガーインゲルハイムは9月8日、開発中の新規化合物であるニンテダニブについて、)の病勢進行を遅らせることが示されたと発表した。


画像はwikiメディアより引用

この報告は第3相試験であるINPULSIS(TM)試験のサブグループ解析結果に基づくもの。同試験は、二重盲検無作為化プラセボ対照試験で、24か国、1,066名の患者を対象に実施。努力性肺活量の年間減少率に対する有効性を52週間にわたり評価した。

呼吸機能の年間減少率を約50%抑制

試験データの併合解析では、事前に規定された2グループ(ベースラインの努力性肺活量(FVC)が予測値の70%超(n=700)、70%以下(n=361))の呼吸機能の年間減少率を解析。その結果、ニンテダニブによる呼吸機能低下の抑制効果は、いずれのグループでも同程度に認められたという。

また、いずれのサブグループの結果も同試験全体の主要評価項目の結果に一致するものであり、1カプセル1日2回のニンテダニブがより早期の患者、高分解能CT(HRCT)で蜂巣肺が認められない患者、肺気腫を合併している患者などさまざまなタイプのIPF患者において、呼吸機能の年間減少率を約50%抑制することが示されたとしている。

ニンテダニブは、IPF治療薬としてベーリンガーインゲルハイムが開発を進めている低分子チロシンキナーゼ阻害剤。肺線維症の発現機序への関与が示唆されている増殖因子受容体を標的にし、線維化進展プロセスに関わるシグナル伝達経路を遮断することで呼吸機能の減少を抑制し、病勢進行を遅らせると考えられている。(小林 周)

▼外部リンク
ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム
  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか