医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > エーザイ/ゼリア新薬 新規プロトンポンプ阻害剤「E3710」に関するライセンス契約を締結

エーザイ/ゼリア新薬 新規プロトンポンプ阻害剤「E3710」に関するライセンス契約を締結

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月22日 PM06:00

」の後継品を目指す新規化合物

エーザイ株式会社とゼリア新薬工業株式会社は8月18日、新規プロトンポンプ阻害剤(PPI)「」に関し、ライセンス契約を締結したと発表した。


この画像はイメージです

E3710は、PPI「パリエット(R)」の後継品とするためにエーザイが創出した新規化合物。エーザイによる臨床第1相試験が実施済みだ。既存のPPIに比べ、作用が強力かつ長時間持続することが示唆されており、高い酸分泌抑制効果を発揮して、治療期間の短縮や、これまでのPPIでは効果不十分の患者にも対応可能なベスト・イン・クラスのPPIとなることが期待されている。

消化器領域を最重点領域とするゼリア新薬のパイプラインを充実化

今回締結されたライセンス契約に基づき、エーザイはゼリア新薬に対し、E3710の日本国内における独占的開発権、共同販促権、及び非独占的製造権を付与する。また、ゼリア新薬から契約一時金とロイヤリティを受け取り、製造販売承認取得時にエーザイが一定の対価をゼリア新薬に支払うこととなっている。

今後の開発はゼリア新薬が担当し、製造販売承認取得も同社が行うが、承認取得後は、両社で共同販促を行っていくという。この契約締結により、消化器領域を最重点領域とするゼリア新薬は、同パイプラインを充実させることができ、エーザイは新規化合物の価値最大化を図ることができるとしている。

承認取得後は、PPI「パリエット」や防御因子増強剤「セルベックス(R)」などを有するエーザイと、潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール(R)」や世界初の機能性ディスペプシア治療剤である「(R)」などを持つゼリア新薬が、ともに実績のある消化器領域で共同販促を実施することにより、酸関連疾患市場における速やかな浸透を目指すとしている。(紫音 裕)

▼外部リンク
ゼリア新薬工業株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • リスジプラム、I型SMA対象P2/3試験で継続的な運動機能・生存率の改善-ロシュ
  • エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品
  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏
  • トミネルセン、顕性ハンチントン病対象P3試験で投与中止を決定-ロシュ