医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > バイエル薬品セミナー 甲状腺がんの分子標的薬登場で治療や取り巻く環境の変化

バイエル薬品セミナー 甲状腺がんの分子標的薬登場で治療や取り巻く環境の変化

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月31日 PM01:00

治療成績向上の期待と共に分子標的薬特有の問題にも対処

バイエル薬品株式会社は7月29日、先月行われたネクサバールの根治切除不能な分化型甲状腺がんに対する追加効能・効果の承認を取得したことを受け、「甲状腺癌治療の最前線~分子標的治療薬の登場で何が変わるか~」と題したプレスセミナーを開催。日本医科大学内分泌外科講座の杉谷巌教授と国立がん研究センター東病院 頭頸部内科の田原信科長による講演と対談が行われた。


日本医科大学内分泌外科講座
杉谷巌教授

「甲状腺癌治療のこれまでとこれから」と題した杉谷教授の講演では、「甲状腺がんの大多数を占める危険度の低いものは従来通りだが、予後不良の危険度の高いものには分子標的薬は期待ができる。しかし手足症候群など特有の副作用など解決すべき課題もある」という。

田原頭頸部内科科長の講演「DECISION試験結果からみるネクサバールの可能性」では、試験の内容とともに、副作用に対する適切な支持療法が治療継続には必要としながらも今後の外科的治療の成績向上も踏まえて、分化型甲状腺がんの治療成績のさらなる向上が期待されるとした。

患者を中心としたチーム医療体制が重要


国立がん研究センター東病院 頭頸部内科
田原信科長

「甲状腺癌治療を取り巻く環境変化の兆し」と題した杉谷教授と田原頭頸部内科科長の対談では、分子標的薬の登場で変わる甲状腺がんに対するチーム医療体制について言及。

杉谷教授は「従来は外科医が診断から手術、術後フォローまで一手に担ってきた。これからは腫瘍内科医ほか協力しながらチーム医療が必要」だという。田原頭頸部内科科長は「ネクサバールは患者のベネフィットも高い一方でリスクもあるため、投薬マネジメントが重要。腫瘍内科医の出番ではないかと考える」という。

患者を中心としてそれぞれの専門医が関わっていくチーム医療が重要。ネクサバールを使うタイミングも外科医や腫瘍内科医だけの判断だけではなく、チーム全体の判断でベストのタイミングを見極めることが大切とした。(

▼外部リンク
バイエル薬品株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 腸内細菌由来「D-アミノ酸」の代謝が宿主の腸管免疫を制御-慶大ほか
  • 新生児の経皮ビリルビン値/SpO2/脈拍を経時計測できるデバイスを開発-横国大ほか
  • 脳腫瘍手術後の「感情認識能力低下」と「内受容感覚低下」に関連性-慶大ほか
  • SNS利用と心の健康の関係、LINEは良好な一方Twitterは負の関連-都長寿研
  • 大規模国際共同研究で、開放隅角緑内障に関連する127の遺伝的座位を同定-東北大ほか