医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ヘルシーフードショー2014に2,300人以上が来場、活発な意見交換も

ヘルシーフードショー2014に2,300人以上が来場、活発な意見交換も

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月17日 PM03:30

介護食品や高栄養食品を取り扱う約60社が出展

2014」(主催:ヘルシーフード株式会社、株式会社ヘルシーネットワーク)が7月12日、浜松町の東京都立産業貿易センターで開催された。


来場者で賑わう会場

この展示試食会は、多様化するニーズに対応した医療・介護福祉施設向け食品の試食やメニュー提案を行うことを目的としたもの。、味の素ニュートリション、キユーピー、ニチレイら、介護食品や高栄養食品を取り扱う約60社が全国各地から参加、2,000点を越える商品が出品した。当日は、栄養士をはじめとする医療者ならびに一般来場者も含め2,300人(前回来場者数は2,000人)が会場に足を運んだ。

3つのコーナーでわかりやすく、セミナーも大盛況

会場は介護、嚥下障害などの高齢者向けの食品を展示する「はつらつコーナー」、糖尿病患者向けの食品を展示する「にこにこコーナー」、腎機能障害患者向けの食品を展示する「いきいきコーナー」の3つに分けられ、ブースでは来場者と各社社員との間で、商品に関する質問、食べ方やレシピについて意見交換が行われていた。また、多くのブースで試食品の提供が行われ、「予想してよりもおいしい」「これなら食べさせやすいですね」といった声があがっていた。

さらに2つのセミナー会場では、計8回の講演が行われ、一部立ち見が出るほどの盛況ぶり。医療者、一般来場者ともに、真剣に耳を傾ける姿が見られた。(


▼外部リンク
ヘルシーフードショー2014
ヘルシーフード株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 血管内皮細胞と造血幹細胞の共通マーカーが、胎生期の造血発生に重要と判明-阪大
  • 慢性疲労症候群の診断に有用な血中バイオマーカーを発見-三重大ほか
  • 国や企業などが行う「集団の謝罪」、どのような方法で誠意が伝わるか判明-神戸大ほか
  • 「手術後癒着」IL-6を中心とする分子機構を発見、抗IL-6Rの有用性を確認-兵庫医大
  • 乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が花粉症症状を軽減させるメカニズムを解明-ヤクルトほか