医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > CPAPと減量の効果、併用と単独で差なし-NEJM誌

CPAPと減量の効果、併用と単独で差なし-NEJM誌

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月26日 AM10:30

併用レジメン遵守で、より高い効果が得られる可能性あり

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA:Obstructive Sleep Apnea)の肥満患者に対する持続陽圧呼吸療法(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)と減量介入の併用による効果について、電子版「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(:The New England Journal of Medicine)」に6月12日、研究報告が掲載された。


画像はwikiメディアより引用

CRP、インスリン抵抗性、血清TG、血圧の低下

米ペンシルベニア大学のフリオ・A・キリノス氏(Julio A. Chirinos, M.D., Ph.D.)らによる研究(治験登録番号:NCT0371293)では、肥満かつ中等度~重度の閉塞性睡眠時無呼吸であり、血清C反応性タンパク(CRP:C-reactive protein)値が1.0mg/L超の181例が、減量介入群、CPAP群、CPAPと減量介入の併用群にランダム化された。

3群とも24週間治療が行われた後、CRP(主要エンドポイント)/インスリン抵抗性/脂質/血圧の測定により、併用療法の有効性について比較評価が行われた。

評価の結果、CPAPと減量介入の併用群と減量単独群では、CRP、インスリン抵抗性、血清トリグリセリドが低下したが、両群間で有意差はみられなかった。また、血圧低下については3群全てで確認されたという。

90例のパープロトコル解析では、併用群の収縮期血圧と平均動脈圧の方が、減量単独群とCPAP単独群のいずれよりも低下の度合いが高かった。

減量単独群およびCPAP単独群を上回るレベルのCRP低下はみられなかったが、血圧低下については、減量とCPAP併用レジメンの遵守で、単独群より高い増分効果が得られる可能性が示唆されたとしている。(本田 基)

▼外部リンク
CPAP, Weight Loss, or Both for Obstructive Sleep Apnea

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 米国の新型コロナ感染率は推計14.5%、ワクチン接種が集団免疫獲得への鍵
  • 入院中の子どもが感じる痛みや不安の低減に効果をもたらすものは?
  • 父親の高血圧や肥満などの健康問題が、母親の流産や死産リスクを高める可能性
  • ACE阻害薬やARBなどの使用で、新型コロナ感染リスク上昇せず
  • 新型コロナの致死率、季節性インフルエンザと比較してどのくらい高い?