医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 帝人ファーマ 呼吸同調式レギュレーター、在宅医療養酸素濃縮装置を市場投入

帝人ファーマ 呼吸同調式レギュレーター、在宅医療養酸素濃縮装置を市場投入

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月24日 PM12:30

自動的に非常用バッテリーに切り替え

帝人ファーマ株式会社は6月19日、「サンソセーバー(R)5」、在宅医療用酸素濃縮装置「ハイサンソ(R)5S」の市場投入を発表した。6月20日より、一部医療機関に対しレンタルを開始する。


画像はプレスリリースより

両製品は、2011年の東日本大震災発生以降、多く寄せられている医療従事者や在宅療養中の患者から寄せられた不安・不便の声に応えるもの。安全や安心、使いやすさをコンセプトに、停電や災害などでコンセントからの電力供給が途絶えた際、自動的に非常用バッテリーに切り替わるという。

約2割の患者が通院以外には外出しないという状況

また、・在宅人工呼吸療法を行っている患者では、外出中に酸素が足りなくなる不安から約2割が通院以外には外出しない(日本呼吸器学会発行「在宅呼吸ケア白書2010」より)といった状況にあることから、酸素ボンベを長時間使用できる機能を搭載。安心して外出することを可能としている。

保険点数は在宅医療指導管理料2,500点、酸素濃縮装置機器加算4,000点、携帯用酸素ボンベ加算880点、呼吸同調式デマンドバルブ加算300点。酸素濃縮装置と携帯ボンベ・デマンドバルブを併用した場合、患者の自己負担は1割負担の場合で月額7,680円、2割負担の場合で月額15,360円、3割負担の場合で月額23,040円となる。(小林 周)

▼外部リンク
帝人ファーマ株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 小児向け、非接触式のバイタルサイン・モニタリングシステムを開発-電通大ほか
  • 肺塞栓症、簡便・低被曝に診断可能な胸部X線動態撮影システムを開発-九大ほか
  • 小型で安価な新型コロナウイルス世界最速検出装置「COWFISH」を開発-理研ほか
  • 医療処置の痛みや恐怖を軽減するウェアラブルロボットを開発、効果を検証-筑波大
  • 医師の業務課題を抽出し改善策を提示するAI解析モデル、実証実験を開始-東北大ほか