医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > GEヘルスケア ポケット型超音波診断装置を発売

GEヘルスケア ポケット型超音波診断装置を発売

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月16日 PM01:30

世界初、2in1方式プローブを搭載

・ジャパン株式会社は6月9日、2 in 1方式プローブ採用のポケット型超音波診断装置「」を同日より発売することを発表した。


画像はニュースリリースより

同装置は、1本のプローブの両端に深部臓器と表在臓器のそれぞれを描出できる二つの探触子を搭載。超音波診断装置で2in1方式プローブを採用するものは世界で初めてとなるという。

より多くの臨床現場での診断を可能に

同装置は、すでに医療現場で使用されているポケット型超音波診断装置「Vscan1.2」の上位機種にあたる。

これまでVscanは、救急から災害、在宅などさまざまな医療現場で利用されており、そうした実際の臨床現場での使用経験の中から、表在臓器も描出可能なプローブを求める声が多く寄せられていた。今回、同装置の発売により、コンパクト性・携帯性はそのままに、より多くの臨床現場での診断を可能にしたという。

まず、1本で2役を果たす世界初のデュアルプローブを開発したことにより、診察中のプローブの置き換え、付け替えなどの手間を省くことが可能となった。

また、2つの探触子を1つの小さなプローブに収めるため、高級機で採用されている4Dプローブの技術を応用するとともに、新しい素材を積極的に採用するなど、いくつかの技術革新を達成しているという。

さらに、デュアルプローブの表在用には、高周波電子リニアプローブ(3.4-8.0MHz)を採用し、表在血管や前立腺、甲状腺、肺エコー(気胸)などの描出が可能となった。デュアルプローブを搭載しても全体で436グラムというコンパクト性も実現しているという。

GEヘルスケア・ジャパンでは、同装置の初年度国内販売目標を500台と掲げている。(伊藤海)

▼外部リンク
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 医療用針穿刺ロボット「Zerobot」、ヒトで初の臨床試験を実施し10例で成功-岡山大
  • 世界最薄・最軽量、ノイズ低減機能付きの生体計測回路を開発-産総研
  • 難病「HTLV-1関連脊髄症」患者向けオンライン診療を開始-聖マリ医大
  • AI活用、糖尿病性腎症の重症化予防について共同研究を開始-金沢大と東芝
  • IBD患者向け症状記録・共有アプリ「IBDホーム」をリリース-武田薬品