医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 京都府薬剤師会、「e―お薬手帳」に府の補助金―200薬局以上が参加を表明

京都府薬剤師会、「e―お薬手帳」に府の補助金―200薬局以上が参加を表明

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月12日 AM09:54

京都府薬剤師会は、今月下旬からe-お薬手帳の運用を開始する。大阪府薬剤師会が開発したe-お薬手帳を京都府下の薬局でも使えるように、京都府の補助金を得て、レセコンからアンドロイド型スマートフォンへのお薬情報の取り込みを容易に行えるICカードリーダライタの各薬局への設置を促進する。現時点で200薬局以上が参加の意思を表明している。e-お薬手帳の導入をきっかけに紙のお薬手帳の有用性を改めて患者に説明し、その持参率を高めたい考えだ。

スマホに搭載する京都e-

京都府は昨年12月に成立した2013年度補正予算で、e-お薬手帳の普及に約1000万円を投じることを決定。これを受けて京都府薬は、e-お薬手帳の活用方法や有用性を患者に説明するパンフレットを作成したほか、会員薬局向け説明会を実施。ICカードリーダライタの調達費用の3分の1をこの補助金で賄えるため、手上げ方式で参加薬局を募っている。会員薬局の半数に該当する480薬局分の補助金があり、現在200薬局以上が参加の意思を表明した。今月末まで募集を続ける計画だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起