医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > 国立成育センター病院 血液幹細胞を別人に移植

国立成育センター病院 血液幹細胞を別人に移植

読了時間:約 44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月20日 PM03:48

国立成育医療研究センターで医療事故

独立行政法人国立成育医療研究センターは1月7日、小児がんの一種「神経芽腫」で入院中の1歳男児に移植する予定だった男児の末梢血幹細胞を、誤って別の4歳女児に移植する医療事故があったと発表した。

(この画像はイメージです)

2013年12月18日に発生

事故が起こったのは2013年12月18日で、男児の血液から事前に採取した幹細胞を、この男児に移植する予定だったが、治療後、移植相手の間違いに気付いた。血液型は男児がO型、女児はA型だが、今のところ2人に大きな健康被害は見られないという。

男児には翌19日、改めて予備の幹細胞を移植する治療を行い、現時点で問題は起きていない。センターは両家族に経緯を説明し、謝罪。再発防止策としてバーコードを使った照合作業を導入したという。

国立成育医療研究センターは、こどもと家族の憲章を方針に掲げ、成育医療をおこなう場として、平成14年3月1日に開院。平成22年4月1日から、独立行政法人「国立成育医療研究センター病院」として改組された。(伊藤海)

▼外部リンク

独立行政法人国立成育医療研究センター お詫び
http://www.ncchd.go.jp/pdf/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • 【IASR速報】新型コロナウイルスの国内初ヒト-ヒト感染事例-感染研
  • 薬剤を6倍超の濃度で誤投与、腎機能障害の心不全成人患者死亡-京大病院
  • 【サムチレール自主回収】有効期間12か月の製品出荷に伴い、回収・交換を終了-GSK
  • 【自主回収情報】酸素濃縮装置「ハイサンソi」-帝人ファーマ
  • 【ザンタック自主回収】クラスIに変更、患者からも回収開始-GSK