医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【ディオバン問題】厚生労働省がノバルティス ファーマを薬事法違反の疑いで告発

【ディオバン問題】厚生労働省がノバルティス ファーマを薬事法違反の疑いで告発

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月09日 PM12:00

薬事法第66条第1項「虚偽・誇大広告の禁止」違反の疑い

厚生労働省は、1月9日、 ファーマ株式会社及び同社社員について、薬事法第66条第1項(虚偽・誇大広告の禁止)違反の疑いで東京地方検察庁に対して告発状を提出した。同省では、今回の告発の経緯として、以下のように説明している。

ノバルティス ファーマ株式会社は、平成23年から平成24年にかけて、ディオバン錠に係る東京慈恵会医科大学において実施された臨床研究である「JIKEI HEART Study」及び京都府立医科大学において実施された臨床研究である「KYOTO HEART Study」の結果を記載した資材を用いて、同医薬品の効能又は効果に関して広告を行った。
 これらの行為が、薬事法第66条第1項で禁止されている虚偽・誇大広告に該当する疑いがあるため、厚生労働省としては、同法第69条第4項の規定に基づく資料提出命令及び事情聴取を実施する等により、事実関係の確認を行った。
 その結果、ノバルティス ファーマ株式会社において、同法第66条第1項に違反する行為があった疑いが深まったことから、平成26年1月9日、東京地方検察庁に告発状を提出したものである。

ノバルティス側も見解を発表

同日、ノバルティス ファーマもHP内で「刑事告発に関する見解」を発表した。

本日、弊社は厚生労働省からディオバン医師主導臨床研究に関連して、薬事法の虚偽・誇大広告の疑いで刑事告発をされました。
このたびは、患者さま、ご家族、医療従事者の皆さま、および国民の皆さまに大変ご心配とご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
弊社はこの事態を極めて重く受け止めており、これまでと同様に今後も当局に全面的に協力して参る所存です。

(QLifePro編集部)

▼外部リンク

厚生労働省「薬事法違反による告発について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/

ノバルティス ファーマ株式会社「刑事告発に関する見解」
http://www.novartis.co.jp/valsartan/

このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています






【速報】【ディオバン問題】元社員の逮捕に対し、ノバルティスがコメントを発表 - QLifePro 医療ニュース

【速報】【ディオバン問題】元社員の逮捕に対し、ノバルティスがコメントを発表 - QLifePro 医療ニュース

薬事法の虚偽・誇大広告の疑いで刑事告発高血圧治療薬「ディオバン(一般名:バルサルタン)」の臨床研究で、研究データの不正操作を行い、虚偽の論文を発表させたとして、厚生労働省が東京地検特捜部に告発した、いわゆる「ディオバン問題」。6月11日に元社員が逮捕されたことを受け、ノバルティス ファーマ株式会社は同日、本日、弊社の元社員が薬事法違反の疑いで逮捕されました。






元社員への聴取必要―田村厚労相、ノバルティスに協力要請 - QLifePro 医療ニュース

元社員への聴取必要―田村厚労相、ノバルティスに協力要請 - QLifePro 医療ニュース

ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」の臨床研究で、データが改ざんされた疑いがある問題をめぐり、田村憲久厚生労働相は16日の閣議後記者会見で、身分を隠してデータ解析に関わったとされる元社員への聞き取り調査実施に向け、ノバルティスに調査の協力を求めた。この問題では、元教授が研究に携わった京都府立医科大学の調査で、データ操作が認められたものの、ノバルティスは担当していた社員がすでに退社しているとの理由で、京都府立医大による事情聴取への協力を断っていた経緯がある。






ノバルティス 経営陣が退陣、医師主導臨床研究支援の一時的停止を発表 - QLifePro 医療ニュース

ノバルティス 経営陣が退陣、医師主導臨床研究支援の一時的停止を発表 - QLifePro 医療ニュース

医師主導臨床研究における不適切な行為への対応SIGN研究に関して、日本法人社員による患者の個人情報取得の可能性や社員が証拠文書などを破棄していたことが社外調査委員会の調査結果により明らかになったノバルティス ファーマ株式会社は、4月3日に一連の医師主導臨床研究における不適切な行為に関して記者会見を開催。同問題の解決に向けた対策を発表した。






厚生労働省、ノバルティスを刑事告発―降圧薬の誇大広告疑い - QLifePro 医療ニュース

厚生労働省、ノバルティスを刑事告発―降圧薬の誇大広告疑い - QLifePro 医療ニュース

厚生労働省は9日、高血圧治療薬「ディオバン」臨床研究の結果を用いた広告が薬事法上の虚偽・誇大広告の禁止に違反する疑いがあるとして、ノバルティスファーマと同社社員を東京地検に刑事告発した。薬事法に基づく資料提出命令、事情聴取によって、臨床研究データ改ざんの実態解明を進めてきたが、故意にデータ改ざんが行われたと知りつつ、効能・効果に関する広告に用いた疑いが強まったと判断。






徳島文理大学、国内外来患者の使用実態解析―7割強に運転等禁止・注意薬 - QLifePro 医療ニュース

徳島文理大学、国内外来患者の使用実態解析―7割強に運転等禁止・注意薬 - QLifePro 医療ニュース

■徳島文理大香川薬学部飯原氏ら日本の25歳以上の外来患者のうち7割に、運転等禁止・注意医薬品が投与されていることが、徳島文理大学香川薬学部教授の飯原なおみ氏らの研究グループの調査によって明らかになった。交通事故を招く要因になり得ることから、多くの患者に対して注意喚起が必要としている。

このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

ホスコH−15 - 添付文書Pro Online

ホスコH−15 - 添付文書Pro Online

ホスコH−15は丸石製薬株式会社のジェネリック医薬品で薬価は1g 3.91円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

ホスコE−75 - 添付文書Pro Online

ホスコE−75 - 添付文書Pro Online

ホスコE−75は丸石製薬株式会社のジェネリック医薬品で薬価は1g 3.91円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

ホスコS−55 - 添付文書Pro Online

ホスコS−55 - 添付文書Pro Online

ホスコS−55は丸石製薬株式会社のジェネリック医薬品で薬価は1g 3.91円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 京大 関節リウマチを起こすT細胞が認識する自己抗原を特定
  • 横浜市立大 がん抑制タンパク質p53のリン酸化複合体の構造を解明
  • 日本人の膝関節治療における“良い手術”とは何か?
  • スイス・ノバルティス 「LBH589」が多発性骨髄腫患者のPFS中央値を延長と発表
  • 九大 オステオカルシンの経口摂取による代謝の改善を発見