医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬事日報社、本紙・保険薬局調査―新人採用は10%割る

薬事日報社、本紙・保険薬局調査―新人採用は10%割る

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月08日 AM10:06


■後発品加算、4分の3が取得

本紙が例年行っている「全国保険薬局調査」によると、新人薬剤師の採用は前回調査よりも奮わず、採用(配属)できた薬局は10%を割り込んだ。また7割近くが後発品普及に向け積極的に患者説明し、後発医薬品調剤体制加算を算定している薬局は75%、後発品在庫は151~300品目という店舗が増加している。在宅患者の訪問指導を、報酬等を算定せず行っているケースが少なくないことなども分かった。一方、約7割の薬局でOTC薬販売などに際し受診勧奨しており、月に5人程度に達している。

調査は全国の保険薬局から無作為に抽出した3000軒を対象に実施し、413軒から回答が得られた(有効回答411軒)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で
  • 【医薬品第二部会】塩野義の経口コロナ薬、緊急承認は結論先送り-賛否両論、意見割れる
  • 【日病薬】日薬との統合に否定見解-木平前会長「形態異なる」