医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 診療報酬が閣僚合意―全体で0.1%増、薬価は0.58%引き下げ

診療報酬が閣僚合意―全体で0.1%増、薬価は0.58%引き下げ

読了時間:約 2分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月25日 AM10:24

田村憲久厚生労働相と麻生太郎財務相は20日、来年度予算案の閣僚折衝を行い、医療の技術料などに当たる「診療報酬本体」を0・73%引き上げることで合意した。薬価を0・58%(薬価ベース5・7%)、材料価格を0・05%それぞれ引き下げるため、診療報酬全体で0・1%の引き上げとなる。これには、消費税引き上げ対応分として1・36%(診療報酬全体0・63%、薬価等0・73%)が含まれており、これを除くと実質では1・26%のマイナスとなる。

14年度予算案の折衝に臨む田村厚生労働相(左)と麻生財務相

■別枠900億円投入し基金

改定率は、医療費に占める技術料を勘案し、1(医科):1(歯科):0・3(調剤)とする原則は堅持した。0・73%プラスとなった本体部分のうち、調剤は0・22%(消費税対応分0・18%)、医科は0・82%(0・71%)、歯科は0・99%(0・87%)の引き上げ幅になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得
  • 【厚労省】市場価と約8%の乖離率-談合疑惑関係データは除外
  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ