医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 大塚製薬、岐阜薬科大に寄附講座―欧米当局の方向性を予測

大塚製薬、岐阜薬科大に寄附講座―欧米当局の方向性を予測

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月11日 AM09:51


■5年で1億5000万円

岐阜薬科大学は1日付で、「グローバル・レギュラトリー・サイエンス」(GRS)を開設した。期間は約5年間。大塚製薬が総額1億5000万円を寄附する。

GRS寄附講座は、2018年3月31日まで約5年間設置し、大塚製薬が毎年3000万円を寄附する。初代特任教授には、製薬企業の研究所に長く勤務していた塚本桂氏が着任。客員教授には、アステラス製薬元会長の竹中登一氏が就き、民間から登用したスタッフで陣容を固めた。さらに、特任准教授を産官学から幅広く募り、来年4月には寄附講座を本格稼働させる予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも