医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬学教育協議会、DI実例モデル教材集開―大学や実務実習での活用想定

薬学教育協議会、DI実例モデル教材集開―大学や実務実習での活用想定

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月16日 AM09:42

薬学教育協議会は文部科学省の委託事業として医薬品情報実例モデル教材集などを開発し、6月から同会ウェブサイトで公開した。病院のDI室における実際の質疑応答事例をもとに、質問の分析から医薬品情報源を選択、評価するプロセスを学習できる。薬学生がDI業務を学ぶ教材として、大学教育や実務実習での活用を想定している。

小川氏

名古屋市で開かれた日本医薬品情報学会学術大会で、開発メンバーの1人、小川雅史氏(大阪大谷大学薬学部実践医療薬学)が同教材集の特徴や開発の背景を解説した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案