医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 行政・経営 > 再発防止策強化のために倫理委員会を発足、日本高血圧学会

再発防止策強化のために倫理委員会を発足、日本高血圧学会

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月11日 PM08:13

日本高血圧学会が倫理委員会を発足

日本高血圧学会が、日本高血圧学会倫理委員会を発足したと発表した。倫理委員会発足の理由は、KYOTO HEART Study や JIKEI HEART Study によるデータ捏造の発覚だ。

このことを受け日本高血圧学会では、研究者や製薬会社元社員の関与について真相を明確にしなければいけない。そのために関係機関に働きかけるだけでなく、医学界と連携し再発防止策の強化を行っていく。

またその他にも、研究に関与した役員の解任、会員資格の停止など高血圧学会会員の処分についても決めなければいけない。そのために倫理委員会を設置することを2013年8月4日に行われた理事会で決定した。倫理委員会委員長は、非会員で法律専門家の平井昭光弁護士に依頼。

(この画像はイメージです)

再発防止策の徹底

日本高血圧学会は、1978年に発足。現在 会員数が約4000名、賛助会員27社である。高齢化社会において医療は重要なものの一つである。とくに高血圧は心臓病や脳卒中、糖尿病などと関連しているだけでなく、メタボリックシンドロームや認知症の危険因子としても注目されている。そのため今後も一層学会としての活動が重視される。

将来的には、日本高血圧学会の国際化も進めていくことになっている。そのために韓国や中国との交流も実施しており、第一回日中韓3か国合同シンポジウムが第35回日本高血圧学会総会時に開催された。

今後さらに日本高血圧学会が発展していくためにも、今回のデータ捏造に関しては再発防止策を徹底していかなければならない。(福田絵美子)

第36回日本高血圧学会総会
会期:2013年10月24日〜26日
会場:大阪国際会議場
会長:河野 雄平(国立循環器病研究センター 生活習慣病部門長/高血圧・腎臓科部長)( 学術総会の案内より引用)

▼外部リンク

日本高血圧学会 倫理委員会の発足について
http://www.jpnsh.org/topics/289.html

第36回 日本高血圧学会総会
http://www.congre.co.jp/36jsh2013/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 行政・経営

  • 田中監麻課長「販売活動指針で追跡調査」-10月施行の社内体制整備
  • 【人事院】公務員薬剤師、初任給1500円引上げ-6年連続増で官民差も縮小
  • 濱谷保険局長「今月中に告示の可能性」-消費増税伴う薬価改定で
  • 【奈良県薬】服薬状況、患者宅訪れ把握-薬剤師が不必要な薬削減へ
  • 【厚労省】薬剤師適合率が0.3%改善-16年度立入検査結果