医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > 降圧剤「バルサルタン」臨床結果データ問題で京都府立医大が不正事実認める

降圧剤「バルサルタン」臨床結果データ問題で京都府立医大が不正事実認める

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月13日 PM05:13

販売元は「データ改ざん確認できない」

2013年7月11日、降圧剤「」臨床結果のデータが改ざんされていた問題で、京都府立医大は不正の事実を認める会見を行った。

販売元ノバルティスファーマ株式会社は

「データの十分な照合がされておらず意図的な『データ操作』があったとは確認できない」

と説明。医療界から不満の声が相次いでいる。

(この画像はイメージです)

名目上の「謝罪」事実追求の意思見えず

ノバルティスファーマは本件について

「研究成果の信頼性をあげることに協力できることがあれば、前向きに取り組みたい。患者様などにはご心配をおかけしていることについて申し訳なく思っている。」

と調査に前向きな姿勢を示す一方、調査委員会に対しては

「担当していた元社員に話を聞きたく協力を求めたが、すでに退職しているとして拒否された。」

と現段階以上の追求をする意思を見せていない。

この体質のままでは同じことを繰り返しかねず、消極的姿勢が気がかりだ。

態度矛盾 抜本的解決への努力を

態度が矛盾していては解決にならない。担当者が1人だからといって退職に伴いすべてがわからなくなるような組織体制はありえない。本来、担当者が退職し、協力を拒否したからといって「わからない」という回答になるはずがないのだ。

名目上「謝罪」なのかもしれないが、原因を追及する意思も事実を開示する意思もないのでは謝罪になっていないのではないだろうか。

これは臨床試験全体の信頼が揺らぐ重大な事態。また、「バルサルタン」は日本で最も売れている医療用医薬品として知られている。たくさんの患者が服薬しているのだ。謝罪の意思があるのであれば、会社責任で関係するものはすべて開示し、具体的な今後の対応策を説明するのが誠意というものではないかと考える。(貝塚 久美子)

▼外部リンク

京都府立医科大学
http://www.kpu-m.ac.jp/

ノバルティスファーマ株式会社
http://www.novartis.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • 薬剤を6倍超の濃度で誤投与、腎機能障害の心不全成人患者死亡-京大病院
  • 【サムチレール自主回収】有効期間12か月の製品出荷に伴い、回収・交換を終了-GSK
  • 【自主回収情報】酸素濃縮装置「ハイサンソi」-帝人ファーマ
  • 【ザンタック自主回収】クラスIに変更、患者からも回収開始-GSK
  • ラニチジン、クラスI自主回収新たに3社、自主回収は計11社に-PMDA