医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 睡眠時無呼吸症候群情報サイトがオープン

睡眠時無呼吸症候群情報サイトがオープン

読了時間:約 51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月06日 PM07:13

患者や潜在患者、家族に向けて情報を発信

5月29日、帝人在宅医療株式会社は睡眠時無呼吸症(SAS)情報サイト「無呼吸なおそう.com」を開設したことを発表した。

(この画像はイメージです。)

「検査を受けるには?」「治療するには?」「病院をさがす」「セルフチェック」などのコンテンツを準備し、実際に睡眠時無呼吸症候群である患者だけでなく潜在患者、そして家族を対象に睡眠時無呼吸症候群についての情報を発信していく。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、「CPAP(シーパップ)療法」を受けるのが一般的だ。現在、日本では約25万人の患者がこの療法を受けているが、この治療法を受けていない患者や、自分が睡眠時無呼吸症候群であることを自覚していない潜在的な患者は300万人以上いると推計されている。

自覚がない場合こそ注意が必要

睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの疾患との合併リスクも高い。またしっかりとした睡眠が取れないことから日中に眠気に襲われ、重大な事故を引き起こしてしまう危険も懸念されている。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。(「無呼吸なおそう.com」より引用)

(小林 周)

▼外部リンク

無呼吸なおそう.com
http://659naoso.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • コロナ禍のディスタンス、「レジャーとの距離」「知人との面会制限」がストレス-QLife
  • 重度な認知障害を有するAD患者は、新型コロナの認識率/うつ傾向低い-東京医大
  • 子どもの運動不足に、親の生活習慣も影響していることが判明-富山大ほか
  • 胃がんの腹膜播種における腫瘍組織の線維化に、肥満細胞が分泌のIL-17Aが影響-金沢大
  • IgG4関連疾患・自己免疫性膵炎の新規バイオマーカーとしてI型IFNとIL-33を同定-近大