医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > Greffexが初の包括的なH7N9ワクチンを創製

Greffexが初の包括的なH7N9ワクチンを創製

読了時間:約 1分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年05月06日 PM05:13

米コロラド州オーロラ、5月3日

上海から鳥を介して伝わっている「H7N9型鳥インフルエンザ(以下、H7N9)」は病理性の極めて高いウイルスで、感染者の20%近くを死に至らしめている。感染した鳥が症状を示さないため、ウイルスが伝わるのを制御することが困難となっている。

(この画像はイメージです)

Greffexの科学者らはこのたび、H7N9型鳥インフルエンザ向けに初の包括的ワクチンを創製した。

「所定期限内」に創製

通常、この種のワクチンの開発には何か月もかかるところをGreffexの科学者らは、このウイルスのキャラクタリゼーションが完了してちょうど1か月後に、同社が専有する「GREVAX(TM)、以下、GREVAX」技術によってH7N9のワクチンを創製した。

ワクチンプラットフォームのGREVAXは、NIHとNISTの支援を受けて構築された特殊なものであり開発時間が少なくて済む。ペイロード量が多く、H7N9型鳥インフルエンザの「血球凝集素遺伝子」および「ノイラミニダーゼ遺伝子」を担持し、高い柔軟性を備えている。

アデノウイルス遺伝子を完全に排除、ヘルパーウイルスを欠いており、アデノウイルスをベースに創製したワクチンのワクチン抗原に対する強力な免疫原性に着目したものです。(QLifePro メディカルプレスセンターより)

同プラットフォームのモジュールにより、新たに出現する感染性疾患に対するワクチンを柔軟性ある形で「プラグアンドプレイ」式にデザインすることができる。(佐々木理恵)

▼外部リンク

QLifePro メディカルプレスセンター
http://www.qlifepro.com/press/20130503-14-3278/

このエントリーをはてなブックマークに追加
TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 1回目ウイルスベクター、2回目mRNA、異なるワクチン接種によるコロナ抑制効果は?
  • 新型コロナウイルスの伝播リスク、乳児、子ども、10代の若者は同等か?
  • 米国人のナトリウム摂取量低減へ、今後2年半で1日3,400mg→3,000mg目指す-米FDA
  • 共通点の多い「インフルエンザ」と「新型コロナ」、知っておくべき相違点は?
  • 高濃度乳腺女性の乳がん判定、MRI画像のAIによる解析が有効な可能性