医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > バイタルチェックのケーブルレス化を実現するmBAN

バイタルチェックのケーブルレス化を実現するmBAN

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月16日 PM05:13

メディカル・ボディ・エリア・ネットワークとは

富士通が国内初のメディカル・ボディ・エリア・ネットワーク(medical Body Area Network、)の実証実験を実施した。これは医療専用周波数帯(400MHz)を利用した無線通信で医療現場のケーブルレス化を実現したもの。

入院患者の心電、脳波、血圧、体温などのバイタルチェックには、通常はケーブル接続によって計測し、目視でカルテに転記をする。しかしmBANを利用すれば、各センサーから無線で情報を計測機に送ることができる。ケーブルレスが患者のストレスを緩和するうえに、介助の負担を軽減しケーブル配線上の危険やカルテへの転記ミスも回避される。つまり患者のQOL、医療の質とも向上すると考えられる。

mBANとは医療用途に特化した通信規格で、昨年2月にIEEEにて標準化が完了した。無線出力の低減化で通信可能エリアを3~5メートル程度に限定し、通信プロトコル上でもスリープモードなどによって低消費電力に抑えている。このため電池の長寿命化が可能となる。また国内外の医療専用周波数帯や汎用的なISMバンド(2.4GHz)にも対応する。

実証実験

今回の実験は総務省から受託した「400MHz帯医療用テレメーターの高度利用技術」の調査の一環で行い、mBANシステムの性能測定、データ通信の信頼性、安全性を検討した。

富士通クリニックの病室で患者役の体にmBANの試作無線機をとりつけ、装置の位置や被験者の体勢を変えていった。その結果、身体近傍での無線通信は可能と確認した。またそれぞれに独立した複数のmBANを利用する際にも安全な同時運用が行えた。

同社はmBANを次世代の医療現場における主流のネットワークと位置づけ、開発をさらに進めていく。(馬野鈴草)

▼外部リンク

富士通株式会社プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 網膜硝子体手術が可能な眼球モデルを搭載した眼科手術シミュレータを開発-名大ら
  • 大腸がんをリアルタイムに診断できる“切らない組織診断”を開発-阪大
  • 消化器系疾患治療の医療デバイス開発に関する共同研究契約を締結-武田薬品と米Bio社
  • 細菌感染症の診断に応用可能なゲノム解析システムを開発-東海大
  • 皮膚呼吸が可能な皮膚貼り付け型のナノメッシュセンサー電極を開発-JSTら