医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、総合的発展へ連携強化―学部と現場の情報交流密に

日本薬学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、総合的発展へ連携強化―学部と現場の情報交流密に

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月03日 AM10:03

日本薬学会は日本薬剤師会、日本病院薬剤師会との連携を深め、臨床現場の薬剤師の生涯研鑽の場を提供する方針を固め、その具体的な方向性を示すべく、第133年会の特別企画として3月30日、「オール薬学キックオフ―薬学のさらなる発展を目指して」を開いた。薬学会の柴崎正勝会頭、日薬の児玉孝会長、日病薬の北田光一会長が、それぞれの立場から薬薬薬連携の必要性・思いを語ると共に、薬学会が考える薬剤師生涯研鑽の具体的テーマ、取り組みの方向性などが話し合われた。

柴崎氏

柴崎氏は、「医薬品をライフワークとする全ての薬剤師、研究者の総合的な発展が、これからの日本の薬学にとって非常に重要だろうと思っている」と相互連携の必要性を強調。その上で、山中伸弥京大教授のノーベル賞受賞を例に「何とか薬剤師、薬学の若い人の中から第二の山中氏を輩出したい。そのためにもオール薬学で協力し合い、情報交流が密になることによって、これまで以上にすばらしい研究が展開できると思っている」とし、今回の企画をきっかけに連携が進展することを求めた。

児玉氏
  • 児玉氏
  • 松木氏
  • 北田氏
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品