医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 高齢者へのPPI長期処方は1年間の死亡率の上昇と関係あり

高齢者へのPPI長期処方は1年間の死亡率の上昇と関係あり

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年03月16日 PM08:13

PPIを処方された高齢者と死亡率のリスクの関係

プロトンポンプ阻害薬(PPI)を処方された高齢者は、1年死亡率を高める可能性があるということが、イタリアParma大学病院のMarcello Maggio氏らの研究で明らかとなった。調査についての詳細は、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年3月4日に報告されている。

この数十年間ではPPIの処方は増加しており、特に高齢者へ処方することが増えている。PPIは胃食道逆流症や消化性潰瘍の治療において、ヒスタミン受容体拮抗薬よりも効果が高い。しかし近年、PPIの長期使用と骨折、感染症、肺炎などのリスクが上がるという報告がある。

また、急性期病院の内科病棟などに入院している患者に対してPPIの処方する場合には、不適切なケースが含まれていると考えられている。PPIには、栄養素の吸収を阻害することや、非ステロイド性抗炎症薬、抗血小板薬、ビスホスホネートなどの薬剤の効果を減弱させる可能性あると考えられている。そのため入院したことがある高齢者は、影響を受けやすいと考えられている。

(この画像はイメージです)

PPIの長期処方は死亡率の上昇と関係あり

そのため著者らは、イタリアで行われた観察研究のデータを利用して、高齢者に対する長期的なPPIの処方をすることで、死亡や再入院に影響を及ぼすかどうかを調べることにした。

研究対象は07年4月1日~6月30日までにイタリアで急性期病院11カ所を退院した、65歳以上の高齢者491人で、退院直後からPPIを使用することと死亡、あるいは、再入院についての関係を評価した。この研究の結果、1年間に死亡した患者は、PPIを処方しなかったグループが10.4%、処方をしたグループでは18.4%であった。

急性期病院退院後の高齢者がPPIを使用した場合は、1年間死亡する確率が上昇するという事が明らかになった。「今回の結果を確認する試験の実施は必要だが、研究の結果が発表されるまでは、高齢者へのPPIの長期投与は慎重に行うべきである。また投与期間も定期的に検討し、必要のない長期投与を避けることが大切である」と著者らは述べている。

▼外部リンク

JAMA Internal Medicine誌電子版
http://archinte.jamanetwork.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています






利尿薬+RA系阻害薬に非ステロイド性抗炎症薬を追加すると、急性腎障害になるリスクが上昇 - QLifePro 医療ニュース

利尿薬+RA系阻害薬に非ステロイド性抗炎症薬を追加すると、急性腎障害になるリスクが上昇 - QLifePro 医療ニュース

複数の薬剤を投与することのメリットとデメリット降圧薬を使用している場合には、非ステロイド性抗炎症薬を追加投与するということは珍しくない。この画像はイメージですカナダJewish General HospitalのFrancesco Lapi氏らが行った研究によって、利尿薬とレニン・アンジオテンシン系阻害薬、もしくはアンジオテンシン受容体拮抗薬を併用している患者に対して、非ステロイド性抗炎症薬を投与してしまうと、最初の一ヶ月は、急性腎障害になるということが明らかになった。






アキュメトリクス.「心臓・非心臓手術患者に対する抗血小板薬の使用に関する米国胸部外科学会ガイドライン」2012年改訂版発行を発表 - QLifePro 医療ニュース

アキュメトリクス.「心臓・非心臓手術患者に対する抗血小板薬の使用に関する米国胸部外科学会ガイドライン」2012年改訂版発行を発表 - QLifePro 医療ニュース

11月15日、サンディエゴ 「VerifyNow®(現在、米国の800を超える施設と、世界70か国以上で医師が臨床で使用している)」システムの開発元であるアキュメトリクスは本日、「心臓・非心臓手術患者に対する抗血小板薬の使用に関する米国胸部外科学会(STS)ガイドライン」2012年改訂版が発行されたと発表した。クロピドグレル、プラスグレル、チカグレロルなどの抗血小板薬は、世界各国で最も広範に処方されている医薬品の例である。






経口薬として唯一 体重減少作用を有するSGLT2阻害薬への期待 - QLifePro 医療ニュース

経口薬として唯一 体重減少作用を有するSGLT2阻害薬への期待 - QLifePro 医療ニュース

田辺三菱、第一三共が糖尿病メディアセミナーを開催本年に入り、承認、発売が相次ぐ糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」。田辺三菱株式会社と第一三共株式会社が9月3日から販売を開始した「カナグル(R)錠100mg(一般名:カナグリフロジン水和物)」の登場により、国内で販売されるSGLT2阻害薬は5成分6製品となった。






当直前後の通常勤務常態化 ケアネットの医師会員調査で判明 - QLifePro 医療ニュース

当直前後の通常勤務常態化 ケアネットの医師会員調査で判明 - QLifePro 医療ニュース

長時間労働の改善は依然みられず医療従事者向け臨床医学情報専門サイト「CareNet.com」を運営する株式会社ケアネットは4月7日、当直勤務のある医師会員1,000人に対して実施した「当直勤務に関する意識調査」の結果を公表した。(画像はプレスリリースより)同調査は、「CareNet.com」登録医師会員を対象に、3月21日に実施したもの。






骨粗鬆症薬の吸入でCOPDモデルマウスの症状が改善-群大と自治医大 - QLifePro 医療ニュース

骨粗鬆症薬の吸入でCOPDモデルマウスの症状が改善-群大と自治医大 - QLifePro 医療ニュース

ビスホスホネートを吸入させることで肺気腫が改善群馬大学は3月10日、同大大学院医学系研究科の上野学医師、前野敏孝講師、倉林正彦教授、自治医科大学分子病態治療研究センターの西村智教授らの研究グループが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する治療として、骨粗鬆症薬であるビスホスホネートの吸入が有効であることを見出したと発表した。研究成果は、「Nature Communications」に3月11日付で公表されている。

このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

ツムラ大建中湯エキス顆粒(医療用) - 添付文書Pro Online

ツムラ大建中湯エキス顆粒(医療用) - 添付文書Pro Online

ツムラ大建中湯エキス顆粒(医療用)は株式会社ツムラの医薬品で薬価は1g 9.6円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

ディアコミットドライシロップ分包500mg - 添付文書Pro Online

ディアコミットドライシロップ分包500mg - 添付文書Pro Online

ディアコミットドライシロップ分包500mgはMeiji Seika ファルマ株式会社の医薬品で薬価は1包 1015.1円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

ディアコミットドライシロップ分包250mg - 添付文書Pro Online

ディアコミットドライシロップ分包250mg - 添付文書Pro Online

ディアコミットドライシロップ分包250mgはMeiji Seika ファルマ株式会社の医薬品で薬価は1包 507.1円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 新規抗悪性腫瘍剤「TAS-102」、FDAが新薬承認申請を受理-大鵬薬品
  • エボラワクチン開発コンソーシアム結成を発表、IMIが資金を供与-J&Jら
  • FDA、抗がん剤「Lenvima」を甲状腺がんの適応で承認-エーザイ
  • 抗てんかん剤「Banzel」が米国で小児適応に関する承認を取得-エーザイ
  • CDK 4/6阻害剤IBRANCEが、ER+HER2-閉経後進行乳がんを適応としたFDAの迅速承認を取得-米ファイザー