医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 悲観主義者は長生きする 

悲観主義者は長生きする 

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年03月06日 PM07:13

10年かけて生活の満足度を調査

悲観主義者は長生きするという研究結果が、科学誌「Psychology and Aging」オンライン版に掲載された。この意外な研究結果は、ドイツのフリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクとフンボルト大学ベルリンとスイスのチューリッヒ大学の合同研究チームが2月28日、発表した。

Image:by Flashpacking Life

研究では、1993~2003年にかけて収集されたドイツ社会・経済パネル調査による3万人のデータを分析。データを年齢により、18~39歳、40~64歳、65歳以上と3つのグループに分けた。

回答者は、毎年、現在の生活にどの程度満足しているか、また、5年後はどの程度満足していると思うかを記入。10年の調査期間の間に、研究者らは、5年後の予想と現在の状況との間で満足度が一致しているかどうか6回チェックした。

その結果、65歳以上のグループの約43%が将来の満足度を過小評価、32%が過大評価、25%が正確に予測していた。

楽観的な人ほど障がい・死亡リスクが上昇

自分の将来について楽観的に評価した高齢者ほど障がいリスクや死亡リスクが10%高くなることが分かった。反対に、悲観的な評価をした人ほど、健康で長生きすることが明らかになった。

また、健康状態が良好で、収入が高かった人ほど、将来について悲観的な回答をしていた。

研究チームを率いたフリーダー・R・ラング博士は、

「悲観的な予測をすることにより、自分自身の健康により注意を払い、危険から身を守ろうとするのではないか」

と語った。

一方で、若年者は高齢者とは反対に非現実的なバラ色の人生を描く傾向にあった。中年層は、概して現実的だった。(太田みほ)

▼外部リンク

学術誌「Psychology and Aging」
http://psycnet.apa.org/

フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク
http://blogs.fau.de/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 血液型は新型コロナのリスクと「無関係」-米国10万8,000人弱の患者データから
  • コロナ回復後の呼吸器以外の臓器に対する影響、再入院数などを明らかに-英国報告
  • 歯周病が高血圧の原因に!?その意外な理由とは
  • 転倒で死亡する高齢者が急増。転倒リスクを高める可能性のある薬剤とは?
  • 午前8時半より前に朝食を食べることで、ある病気の発症リスクが低下?