医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 日赤 京大「医療用iPS細胞ストック計画」へ献血を通して協力

日赤 京大「医療用iPS細胞ストック計画」へ献血を通して協力

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月29日 AM09:13

10年計画の第一歩

日本赤十字社は、京都大学iPS細胞研究所が進めている「医療用iPS細胞ストック」計画への協力をすると発表をした。

京都大学iPS細胞研究所では、iPS細胞による治療を迅速に行うために、今後10年で「HLAホモドナー」の血液や皮膚からiPS細胞を作製し、保存をしておく「再生医療用iPS細胞ストック計画」を立てている。

日本赤十字社によると、平成23年度の全血献は約373万人、成分献血は約152万人の合計約525万人となっている。

拒絶反応が起こりにくいとされている「HLAホモ」の人は、日本人で数%とされていることから、日赤が協力を決定したことは、この計画に弾みを付けたと言える。

(この画像はイメージです)

2013年夏以降に「HLAホモ」ドナーのiPS細胞の作製開始

日本赤十字社では、今後献血する人から同意を得て「HLAホモ」の人を探し、iPS細胞の作製の協力を呼びかけていく。

呼びかけに応じた人は、京都大学iPS細胞研究所からの研究内容説明を受け、同意した場合血液や皮膚の提供をし、iPS細胞の作製となる。

日赤では、平成25年から献血者に対して協力を呼びかけ、「HLAホモ」の人からの提供は、夏頃からとなる見込み。

▼外部リンク

:日本赤十字社と京都大学iPS細胞研究所が
『医療用iPS細胞ストック』構築で協力
http://www.jrc.or.jp/press/l3/Vcms3_00003383.html

京都大学iPS細胞研究所:再生医療用iPS細胞について
http://ips.kuhp.kyoto-u.ac.jp/kuh/ips.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか