医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 日本で発売、尿素サイクル異常症の特効薬を発表

日本で発売、尿素サイクル異常症の特効薬を発表

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月11日 AM11:43

尿素サイクル異常症の特効薬を日本で発売

尿素サイクル異常症用薬であるフェニル酪酸ナトリウムが薬価として収載され、近く発売されることになっている。商品名はブフェニール錠500mg、同顆粒94%で販売される。

本薬は2008年に希少疾病用医薬品として指定され、2012年の9月に製造承認を取得した。適応としては尿素サイクル異常症であり、用法は3~6回に分割して、食事または栄養補給とともに服用するか食事の直後に服用する。投与の用量としては1日9.9~13g/m2となる。

尿酸サイクル異常症というのは、アンモニアを解毒して尿素に変換する代謝経路である尿素サイクルの酵素が遺伝的に欠落があるため発症してしまう先天性代謝異常症のことである。

(この画像はイメージです)

尿酸サイクル異常症の特効薬は副作用もあるので確認が必要

尿酸サイクル異常症というのは高アンモニア血症になってしまうことにより、中枢神経障害を起こして死亡することもある重篤な疾患のことである。日本での患者数は約200人、出生児のなかでは4万6000人に1人が発症すると推定されている。

尿素サイクル異常症の治療としては、高アンモニア血症を発症する予防を主な目的として食事療法を行う。またそれ以外には物理的な除去方法や外科的に治療も行うのだが薬物療法は、残っている尿素サイクルを利用することによって残存尿素を排泄するという方法がある。

治療としてフェニル酪酸ナトリウムが、標準薬として使用されてきた。しかし日本では入手できないので、必要な時に海外から輸入して使用していた状況が一般的だった。そのため日本で発売されると多くの患者が使用できる。投与に関しては承認時までの試験で副作用も確認されているため、医師の指示を仰ぐなど注意も必要である。

▼外部リンク

株式会社オーファンパシフィック
http://www.orphanpacific.com/medical/buphenyl.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • デュピクセント、コントロール不良中等~重症ぜんそく小児対象P3試験で重度発作を有意に低減-仏サノフィ
  • 成人HIV-1感染症患者へのIslatravirとドラビリン併用後期P2試験96週時データ、MK-8507のP1試験結果を発表-米Merck
  • タグリッソ、早期EGFRm NSCLC術後補助療法として中枢神経での再発リスク82%低減-英AZ
  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ