医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 台所スポンジには便座の20万倍超の細菌が生息

台所スポンジには便座の20万倍超の細菌が生息

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月27日 PM02:13

その数、便座の20万倍超

11月20日付けでMailOnlineに掲載された記事によると、台所のスポンジは家の中でもっとも汚く、その細菌数は便座の20万倍以上だという。

最近の研究では、1平方インチあたり1000万個の細菌が台所スポンジから、また、食器拭きからは100万個の細菌が検出されたという。

(画像はイメージです)

イギリスの優れた微生物学者の1人である、ヒュー・ペニントン教授も、家庭内で最も汚いものは台所スポンジであることに同意しており、こういった事実の裏には科学的背景があるのであって、それは常識なのだと強調している。

同教授によると、台所スポンジによく見つかるというカンピロバクターと呼ばれる細菌は、自然界に普通に存在するものなのだが、ギランバレー症候群を引き起こしかねないのだという。

ロンドン大学ウイルス学教授で衛生評議会会長でもある、ジョン・オックスフォード氏も、台所スポンジはすべてのケースで最も汚い、と付け加えている。

清潔に保つように

また、アリゾナ大学の微生物学教授、チャールズ・ゲルバ教授は、家庭にある器具から拭き取った細菌のタイプと増え具合を調べる研究をしており、教授によれば、台所スポンジや、食器拭き、繰り返し使う買い物袋など、身近なものについて、もっと注意を払うべきだという。

食器洗いには欠かせない台所スポンジ、毎日使うものだから清潔に保つよう、日常的に気をつけたいものだ。

▼外部リンク

MailOnline
http://www.dailymail.co.uk/health/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 医師の年齢が患者の治療に影響を与える可能性
  • 週末の経皮的冠動脈形成術、平日よりも死亡リスクが高くなる可能性
  • リンパ浮腫、米国未承認の「べスタチン」が有効か
  • ネット医療情報、診断に対する見方を変化させる可能性
  • 住む場所、がんリスクに影響する可能性