医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬学教育協議会、4割が薬局、病薬は3割に―6年制卒業者の就職動向調査

薬学教育協議会、4割が薬局、病薬は3割に―6年制卒業者の就職動向調査

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月14日 AM09:54

薬学部6年制第1期生を輩出した67大学の卒業者のうち約40%が薬局、約30%が病院・診療所の薬剤部(科)、一般販売業へも従来より若干多い6%強が就職し、全体として4分の3が“現場薬剤師”への道を選んだ。また、旧4年制時代に3割近くを占めた進学は、6年制になり2%にとどまった。薬学教育協議会がまとめた「2012年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査の集計報告」で明らかになった(表参照)

同調査は全薬系74大学のうち、今年3月に6年制第1期生を輩出した67大学全てから回答があった。6年制および4年制の卒業生ならびに大学院博士課程前期課程(修士課程)・博士後期課程(博士課程)修了者が対象。なお、同調査では8大学(国立5校、私立3校)から「6年制卒業者の進学者」に関する回答がなかった。

6年制卒業者は8476人(男性3369人、女性5107人)だった。なお、新4年制の修士修了者1083人を合わせると、総卒業者9559人となる。これを旧4年制教育を受けた08年3月卒業生と比較すると、総卒業者(56大学で調査)は1万0109人(男性4217人、女性5892人)で、大学数が増加したにもかかわらず、卒業者は減少している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案