医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 阪大微生物病研究会・田辺三菱 沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン 「テトラビック皮下注シリンジ」新発売

阪大微生物病研究会・田辺三菱 沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン 「テトラビック皮下注シリンジ」新発売

読了時間:約 47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月31日 PM05:13
ワクチン接種回数の負担軽減も考慮

一般財団法人阪大微生物病研究会(以下、阪大微研会)と田辺三菱製薬株式会社(以下、)は、、ジフテリアおよび破傷風を予防する4種混合ワクチン「テトラビック®皮下注シリンジ」(セービン株)を10月31日に新発売。本年11月1日より定期接種に導入される予定。

(この画像はイメージです)

急性灰白髄炎(ポリオ)

同剤は、阪大微研会が、乳児期におけるワクチン接種回数の負担軽減も考慮して、一般財団法人日本ポリオ研究所が開発した不活化ポリオワクチンを含む4種混合ワクチンの開発を進め今年の7月に製造販売承認を取得した。

急性灰白髄炎(ポリオ)は、WHOが根絶のために各国と協力して対策を強化している疾患で、主に乳幼児が罹患する感染症で四肢に麻痺が残る場合がある。日本国内では、1980年を最後に野生株ポリオウイルスによるポリオ患者の発生はなくなった。

しかし、経口生ポリオワクチンの接種では、ごくまれに自然ポリオと同様の麻痺症状を発生することがあったため、不活化ポリオワクチンへの変更が要望されてきた。

今後、阪大微研会が本剤を製造し、田辺三菱製薬が販売する。

▼外部リンク

田辺三菱製薬株式会社ニュースリリース
http://www.mt-pharma.co.jp/shared/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • 乾癬治療の新たな選択肢として初のTYK2阻害剤が承認取得
  • 「サービスロボット」による院内24時間配送自動化の検証実験を開始-藤田医科大ほか
  • ビンゼレックス、中等~重度の成人・化膿性汗腺炎のP3試験で主要評価項目を達成-UCB
  • HAE急性発作の発症抑制で承認の「ベリナート皮下注用2000」薬価収載-CSLベーリング
  • アジョビのオートインジェクター発売、片頭痛発作発症抑制で在宅自己注射-大塚製薬