医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > ソウル大 レーザーで薬剤を皮下へ送るシステムを開発

ソウル大 レーザーで薬剤を皮下へ送るシステムを開発

読了時間:約 59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月02日 PM12:00
注射針が不要に

phys.orgが9月13日に伝えた記事によると、韓国ソウル国立大学の機械工学・航空工学教授であるジャック・ヨウ氏はモルモットを使った実験で、注射器を使わずレーザーの力で薬剤の粒子を皮下に送り込むシステムの開発に成功した。

注射と言えば、日本ではこれからの季節インフルエンザの予防接種を受ける人も増えてくるが、日常受ける医療の中でも注射針を刺されることは「痛い」「怖い」といったイメージから、人々が出来ることなら避けたいと感じている行為の一つだろう。

今回開発されたレーザーシステムでは顕微鏡サイズの微小な空気の泡を作ることで、それが皮膚に浸透し薬を注入するというもの。

一瞬空気が当たったような感覚で、誰かに息を吹きかけられた程度の感じ方しかしないという。

(画像はイメージです)

注射嫌いや子どもにも

今回のシステム開発には、水に吸収されやすく、2940ナノメートルと小さな波長を持つレーザーを使用したことで、安定した微細な空気の泡を作り出すことに成功した。

これまでの研究では、空気泡の形成やレーザーの波長の大きさにより薬を投与する量や強さを制御することが難しかったが、今回開発されたシステムでは、皮膚下に薬剤を浸透させる深さと量を正確に制御することが可能になった。

この技術が実用化されれば、注射針の針刺し事故も無くなり、予防接種などで、複数の場所に少量の薬を投与しなければならないような状況でも活躍し、注射が嫌いな人や小さな子どもでも精神的なストレスなしに薬の投与を受けられるようになるだろう。

▼外部リンク

phys.org
http://phys.org/news/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 内視鏡腎結石治療、人工知能搭載ロボットで治療成績改善の可能性-名古屋市立大ほか
  • 食道がん、術前放射線治療による局所制御を高精度に予測するAIシステムを開発-広島大
  • 超小型広視野角監視カメラBirdViewを開発、ロボット支援手術の安全性向上-愛媛大ほか
  • 「温めて塗る」だけで術後癒着を予防可能な医療用接着剤を開発-NIMS
  • 骨に匹敵する柔らかさを有する新規生体用金属材料の開発に成功-東北大ほか