医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 喘息薬、子どもが使用すると身長の伸び方に影響あり?

喘息薬、子どもが使用すると身長の伸び方に影響あり?

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年09月25日 PM02:00
喘息薬の使用、身長に影響あり

子供の喘息薬使用が大人になったときの身長を低くする可能性がある。しかし、その差は小さく、平均0.5インチ(約1.27cm)、ステロイドで発作を防ほうが有効であると専門家は述べている。

(画像はイメージです)

3グループに分けて追跡調査

研究者達は、5歳から12歳までの喘息治療を4年以上受けていた945名の追跡調査を行った。子供達は3つのグループに分けられた。グループ1はコーチコステロイド薬ブデソナイド(製品名pulmicort あるいはrhinocort)を1日2回、グループ2はノンステロイド吸引薬、ネドクロミル(製品名tilade)、そしてグループ3は擬似薬を使用していた。

激しい発作を抑えるときには、全員が即効性の薬、アルブテロールと喘息の症状を治療するためのコーチコステロイド経口薬を使用していた。
子供達は女性が18歳以上、男性は20歳以上、成人するまで追跡調査を続けた。

ブデソナイドを摂取していた患者の身長は、ネドクロミルや擬似薬を投与されていた患者に比べ平均0,5インチほど低かった。この研究を始めた最初の2年間に差は少しずつ広がり、さらに調査を続けていくと、ブデソナイドを投与された子供達は、大人の身長に達した時、他のグループに比べて1,5インチ低かった。

「男女、あるいは喘息を患っていた気管の長さにかかわらず、これ以上の違いは認められなかった。」

セントルイスにあるワシントン大学医学部内科教授、ロバート・ストランク医師は大学の発行する新聞の中で語っている。

身長差よりも薬の有効性を優先

この研究は9月の頭に、ウイーンで開かれたヨーロッパ呼吸器系協会の会議で発表され、the New England Journal of medicin掲載された。

ストランク氏はセントルイス子供病院の喘息専門医はステロイド吸入薬を使用する子供の身長のために錠剤使用を控えた。子供達が病院に来るたびに身長を測り、成長度合いに目を光らせた。

ストランク氏は以下のように説明した。

「もし子供の身長が思うように伸びないときはステロイドの摂取量を減らすべきだ。しかし成人後に0,5インチの身長差が出てくることは、繰り返し起こる喘息発作を抑えるという薬の有効性と比べるとそう大きな問題ではないといえる。ただ、大人になった時の身長のことを考えて、発作に対して有効な最小限の服用量を投与するよう、注意しなければならない。」
専門家の多くは同意見

他の専門家たちも、少しの身長の差は喘息発作の治療の重要性に比べておおきな問題ではないという意見に賛成している。

ニューヨーク、レノックスヒル病院の肺に関する専門医、レン・ホロビッツ氏もこの意見に同意しており、わずかな身長の差は大きな問題ではなく、何人かの患者はステロイド吸入薬無しでは、症状がひどいときには耐えられないこともある、とした。

▼外部リンク

the New England Journal of medicin

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1203229

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか