医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 新種豚インフルエンザ出現!米CDCが警戒、新たに12人感染確認

新種豚インフルエンザ出現!米CDCが警戒、新たに12人感染確認

読了時間:約 48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月06日 PM06:00
豚から直接感染か

米疾病対策センター()が、現地時間3日、新種の豚インフルエンザ(H3N2)について、この週新たに12人の感染者を米国内で確認したと発表した。12人の内訳は、ハワイ州で1人、オハイオ州で10人、インディアナ州で1人だったという。

この12人の患者の状態はいずれも軽症だという。いずれも豚のいる農業祭イベントへ参加しているなどの経緯があり、豚から直接感染したとみられ、人から人への感染によるものではないとされている。

2009年大流行の遺伝子の一部も

このH3N2ウイルスは、2009年に新型インフルエンザとして大流行を巻き起こしたH1N1型のウイルスの遺伝子の一部をもっているところも特徴で、人から人への感染へと移行した場合、強い感染力をもって拡大する可能性もある。

米国内で確認された感染者は、これで昨年7月から合計すると29人にのぼるという。過去には人からの感染が疑われるケースもあり、CDCは警戒を強めるとともに、動物との接触後にはしっかりと手洗いをするなど、基本的な予防策を徹底するよう、注意喚起を行っている。

▼外部リンク

CDC Reports
http://www.cdc.gov/flu/spotlights/h3n2v_us_cases.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 利用が増える健康系アプリ、プライバシー保護はどうなっている?
  • 新型コロナ、抗体が確認された小児でもウイルスを伝播させる可能性-米報告
  • 読解記述力、計算能力が低い小学生に見られる、日常生活における習慣とは?
  • 新型コロナ「感染・発症から1カ月後に再検査を」伊報告、その理由は?
  • 出世の速さに、その人の「性格の良さ」が影響する?