医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 米食品医薬品局 エイズ予防薬として「ツルバダ」を承認

米食品医薬品局 エイズ予防薬として「ツルバダ」を承認

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月23日 PM05:00
米国で増え続けるHIV感染を抑制することができるか

が約5万人米食品医薬品局(FDA)は、エイズ治療薬「」について、感染を防ぐための“予防薬”としても承認をしました。

「ツルバダ」は2004年にエイズ“治療薬”として米国で承認され、日本でも“治療薬”としては承認されています。

(Consumer Updateより引用)

コンドーム使用率が下がることも懸念

FDAが行った臨床試験では、感染率が大幅に減少し、予防効果が認められましたが、この薬を服用していることで安心感が広がり、コンドームの使用率が下がる懸念も広がっています。

このことから、FDAでは、「ツルバダ」の服用だけでは感染を完全に予防できるわけではないとし、必ず「ツルバダ」とコンドームの併用が必要であるとしています。

なお、最も多く報告されている副作用は、下痢・吐き気・腹痛・頭痛・体重減少とのこと。そして、気になるのが価格。毎日服用することが必要で、年間約100万円の費用が掛かるとも言われており、ごく一部の人にしか手の届かない薬ではないかとの指摘もあります。

▼外部リンク

U.S. Food and Drug Administration
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/

FDA Approves First Medication to Reduce HIV Risk
http://www.fda.gov/ForConsumers/

Gilead Sciences, Inc.
http://www.gilead.com/

日本で承認されている医薬品添付文書(日本では予防薬としては承認されていない)
ツルバダ配合錠 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • オプジーボ、進行・再発食道がん対象のP3試験で、全生存期間を有意に延長-小野薬品と米BMS
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎およびその関連疾患で希少疾病用医薬品指定-中外製薬
  • NNRTIドラビリン、HIV-1治療薬として日本で承認申請-MSD
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎スペクトラム対象P3試験で再発リスク55%減少-中外製薬
  • アニフロルマブ、SLE患者を対象としたP3試験で主要評価項目達成-AZ