医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 頭痛に肩こり、首の痛み、それ「ストレートネック」じゃない?

頭痛に肩こり、首の痛み、それ「ストレートネック」じゃない?

読了時間:約 1分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月20日 PM05:00
女性に急増する「

近年、スマートフォンの普及が進み、ストレートネック患者が増えている。

ストレートネックは長時間のデスクワークでパソコン操作をしている人がなりやすく、長時間、首を曲げた状態でスマートフォンの画面をのぞき込むことなどで引き起こされる。

頭が首よりも前に出した姿勢を長時間とっていることで、首が前傾し、首のカーブが失われ、その状態を「ストレートネック」と呼んでいる。

頭を首の筋肉だけで支えることになり、首の痛みや肩こり、頭痛といった症状を発症、首を曲げても下部頸椎は動かないため、手のしびれや、めまい、目の奥の痛み、吐き気といった症状が出ることもある。

ストレートネックと診断された場合、炎鎮痛剤などで痛みを抑えながら、理学療法士らと筋肉をほぐすリハビリを行い、徐々に正常な状態に戻していくしかない。

スマホ症候群にも要注意

現在、パソコンや携帯電話の利用から年数が経ち患者は増加、悪化の傾向にあり、これからも増えるという。

女性は男性よりも首が細く筋力も弱いため、ストレートネックになることが多く、スマートフォンを長時間使用して下を見ている時間の多い20代、30代に患者数が広がっている。

また、スマートフォンの画面に集中するあまり下を向きっぱなしになり、肩や首の痛みだけでなく疲れ目やドライアイを引き起こす「スマホ症候群」も同様に問題になっている。

予防策として、パソコンやスマートフォンを使う際には、文字を大きく設定する、画面の明るさを低めに設定する、15分以上の連続使用を控える、背筋を伸ばすなどがある。

日中、パソコン等のデスクワークで首に負担をかけ、さらに電車の行き帰りや休憩時間に、スマホを使う人は注意が必要だ。

▼外部リンク

ストレートネックどっとこむ
http://www.straight-neck.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 無意識の視覚経路が学習神経機構にアクセス可能であることを盲視のサルで確認-京大
  • 東日本大震災後の高校生に心理的介入が有効、新型コロナでの応用も視野-東北大ほか
  • 循環・代謝疾患リスク要因は日本・オランダの夫婦で類似、生活習慣と相関-ToMMoほか
  • 自閉スペクトラム症の霊長類モデルを開発、ヒト病態を高度に再現-NCNP
  • PD-1阻害剤の効果を高めるミトコンドリア活性化剤「EnPGC-1」を開発-京大