医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > 【医療事故】香川県立中央病院 がんを見落とし患者が死亡

【医療事故】香川県立中央病院 がんを見落とし患者が死亡

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月16日 AM09:00
確認を怠り、がんの発見が遅れる

香川県立中央病院は、胸部レントゲン写真及びCTの画像・検査報告書を確認していなかったため、肺がんの発見が遅れる事故があったと発表しました。

患者は死亡しており、病院は慰謝料として5000万円の損害賠償金を遺族に支払うとことで、和解するとしています。

発見の遅れを、家族や患者に説明せず

死亡した患者は、50代の女性。同病院で、2006年に子宮頸がんの治療を受け、その後も通院していました。

病院によると、この女性は、2008年2月に左手首の骨折手術に伴って胸部エックス線を撮影。また、同8月に子宮頸がんの経過確認のために、胸腹部のコンピューター断層撮影検査を受けていました。

そのどちらの検査結果でも、肺に異常があることが現れていましたが、担当医らは検査結果を確認していなかったため、見落としてしまいました。また、2009年6月に肺がんが見つかった際に、過去の検査でがんの兆候があったことが判明しましたが、その事を、本人や家族には伝えていませんでした。

病院では、再発防止策として

・検査結果や検査報告書の確認の徹底を図る
・検査結果の確認漏れの有無を担当医師が閲覧することができるよう電子カルテシステムを改善する

を、徹底するとしています。

▼外部リンク

 お詫びとお知らせ
http://www.chp-kagawa.jp/info/2012/06/post-4.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • 【IASR速報】新型コロナウイルスの国内初ヒト-ヒト感染事例-感染研
  • 薬剤を6倍超の濃度で誤投与、腎機能障害の心不全成人患者死亡-京大病院
  • 【サムチレール自主回収】有効期間12か月の製品出荷に伴い、回収・交換を終了-GSK
  • 【自主回収情報】酸素濃縮装置「ハイサンソi」-帝人ファーマ
  • 【ザンタック自主回収】クラスIに変更、患者からも回収開始-GSK