医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 抗生物質の乱用は突然死を招く?!

抗生物質の乱用は突然死を招く?!

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月05日 PM01:00
抗生物質の使用により高まる突然死の可能性

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンで発表された研究によると、一般的に使用されている抗生物質、アジスロマイシンは、特に心臓疾患を持つ人や心臓病を発症する危険性のある人が使用すると、突然死に至る可能性を引き上げる恐れがあることがわかった。

画像はイメージです。

可能性は低めでも配慮するに値する

研究者によれは、突然死に至る可能性は高いものではないが、心臓病を持つ患者などが抗生物質を必要とする場合はアモキシシリンなどの違う薬を処方するなど、配慮するには十分な数値をさしているということだ。

これには心臓疾患、、あるいは心臓バイパス、血管移植などの手術を受けたことのある患者なども含まれる。これらの患者にとって、アジスロマイシンは心拍数を異常にする原因となり、死につながる可能性があり、このとはあまり知られていないということだ。

長年にわたる、多数の患者から得た結果

米・ヴァンダービルト大学の予防医学科、ウェイン・A ・レイ教授と彼のチームは、1992年から2006年まで、米国テネシー州の30~74歳の患者54万人の医療記録を分析した。その中、研究者たちは抗生物質投与患者と非投与患者の循環器系障害による死亡に関して注目した。

アジスロマイシンを処方された患者が100万人と試算すると、突然死に至った人は46,4人に上り、他(アモキシシリン対する試算では21,8人、非投与患者では24人)と比べてずば抜けている。

その他、レボフロキサシンの死亡率はアジスロマイシンと同じで、シプロフロキサシンより高い。

多用されたアジスロマイシン

アジスロマイシンは気管支炎や肺炎、喉や耳の痛みなど、バクテリア感染症の治療に用いられる。またこの薬は、5日間使用される”Z-パック”として有名で、価格も手ごろだ。

多くの抗生物質は10日以上は摂取される。メディカルヘルスケア業界へのコンサルティング会社、IMS Healthによると、去年アメリカでは5530万ものアジスロマイシンが処方され、4億6千万ドル以上の売り上げがあった。世界的な売り上げは18億ドルに上る。

エリスロマイシン、クラリスロマイシンの2つは、突然死を引き起こす危険性があるとしてすでに知られている。しかしアジスロマイシンは安全であると考えられていた。

他大学教授も研究結果に賛同

ジョーンズ・ホプキンズ薬科大学の教授で、IDSA(Infectious Diseases Society of America)前社長のジョン.G.バートレット教授は、レイ教授の見解に賛成のようだ。

研究データは膨大な患者数から来ているため、この発見は生物学的に妥当であるとし、アジスロマイシンは心拍数を乱す可能性があることは納得できるとした。そのため、突然死を引き起こす危険性が高い患者には、違う薬を処方するべきであり、また代わりとなる薬はほかにもあるということだ。

また、バートレット教授は、風邪、その他抗生物質では治療できないウィルス性の感染症までに、抗生物質を多用しているという現状があり、この研究結果はそれを抑制するのにも役立つとした。抗生物質の乱用は危険な薬剤耐性ウィルスを生み出す原因にもなる。

同教授は以下のように述べている。

「実にいろいろな目的に、アジスロマイシンが乱用されている。また使い勝手もよく、患者がZ-パックを処方するよう、要求してくることもある。多くのケースで最善の方法は、おそらく抗生物質を処方しないことだろう」

▼外部リンク

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)サイト
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1003833

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • trastuzumab deruxtecan、HER2低発現乳がん対象のP3試験で最初の患者への投与開始-第一三共
  • セリンクロ、アルコール依存症における飲酒量低減薬で承認取得-大塚製薬
  • イベニティ、骨折の危険性の高い骨粗しょう症で承認取得-アステラス・アムジェンら
  • BRAF阻害薬ビラフトビとMEK阻害薬メクトビの併用療法、悪性黒色腫で承認取得-小野薬品
  • プラルエント、スタチン治療が適さない患者対象に一部変更承認-サノフィ