医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 膝の軟骨再生に明るい兆し、治験開始

膝の軟骨再生に明るい兆し、治験開始

読了時間:約 35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月18日 PM01:00
治験開始

先端医療センター病院と神戸大医学部付属病院は、膝関節軟骨損傷の患者を対象とした治験を実施すると発表した。これは、本人の軟骨を採取し、培養した上で損傷部に移植するものである。

被験者は20歳から50歳まで10人で、1年間かけて経過観察するとのこと。

画期的な治療

膝関節軟骨損傷は、スポーツ選手に多く、また交通事故などによっても起きる損傷である。

これまでは、刺激を与えることで再生を促進する方法(マイクロフラクチャー)や、本人の軟骨組織を骨プラグを付けて採取し、これを欠損部に移植する方法(モザイクプラスティ)、フィブリン糊で移植片を固定する方法などがあるが、損傷の大きさに左右された。今回の治験により、今までより大きな部位にも対応できるようになることが期待される。

▼外部リンク

先端医療振興財団プレスリリース
http://www.ibri-kobe.org/pressrelease/pdf/press_nankotsu.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療 医薬品

  • ATLに対する同種造血幹細胞移植後、他臓器に先行して目に炎症が出現-東京医歯大ほか
  • 社会行動に関わる「ソーシャルセル」をマウスの大脳島皮質で発見-神戸大
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム
  • ポマリドミド特異的なネオ基質「ARID2」が抗がん作用に関与-東工大ほか
  • 新型コロナ感染に関わる7つの遺伝子に、地域・民族間の差がないと判明-北大ほか