医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

薬剤師のキャリアを考える:早稲田大学での講演

薬剤師のキャリアを考える:早稲田大学での講演

  1月21日に早稲田大学の授業でゲスト講師として90分の時間をご頂戴し、講義をさせていただきました。 内容は以下の3点です。   1)自己紹…

2014年1月30日

薬剤師のキャリアを考える:6年制の薬剤師の就職事情

薬剤師のキャリアを考える:6年制の薬剤師の就職事情

昨年2012年は6年制薬剤師1期生が社会・医療現場に出た初めての年でした。皆様の施設でも活躍されていることと思います。現在薬学部の5年生が就職活動を開始しており、理想の職場や理想の薬剤師につ…

2013年12月12日

薬剤師よ、街へ出よう(2)

薬剤師よ、街へ出よう(2)

〜想いは共にしてこそ、広がっていく〜 順番が飛んでしまいましたが、こちらの記事の完結編を書きたいと思います。 事例2 全国薬剤師の集い in 八戸 2nd 2013年10月13~…

2013年12月10日

医薬品ネット販売の都市伝説

医薬品ネット販売の都市伝説

ここ数日、テレビなど報道で医薬品のインターネット販売に関して問題が再燃しています。 私たち薬剤師から見れば、問題の再燃というよりは、いまだ本質的な議論に向かっていないという感じです…

2013年11月11日

薬剤師よ、街へ出よう

薬剤師よ、街へ出よう

〜想いは共にしてこそ、広がっていく〜 9月の後半、日本薬剤師会学術大会が大阪で、つい先日は全国薬剤師の集いが八戸で開催されまして、私も参加してきました。 約15,000人…

2013年10月17日

『ディオバン』の件で思うこと(後編)

『ディオバン』の件で思うこと(後編)

さきほどの続きです。(前編はこちら) 今回のディオバンのケースでは、現在の「医師・医療機関主導の臨床研究」の実際の有り様を如実に示してしまったと感じています。つまり、医師・医療…

2013年7月26日

『ディオバン』の件で思うこと(前編)

『ディオバン』の件で思うこと(前編)

今回は、皆様もご存知であろう『ディオバン』の臨床研究データ改ざんの件を取り上げたいと思います。 参考記事:高血圧薬論文データ改ざん…京都府立医大(読売新聞関西版) 高血圧…

2013年7月25日

現場のいち薬剤師から、メッセージ

現場のいち薬剤師から、メッセージ

数日前、安倍首相から大きなメッセージがありました。 成長戦略第三弾として「消費者の安全性を確保しつつ、しっかりしたルールの下で、全ての一般医薬品の(インターネット)販売を解禁す…

2013年6月11日

いわゆる「イレッサ訴訟」がもたらしたもの

いわゆる「イレッサ訴訟」がもたらしたもの

先日、肺がん治療薬「イレッサ」服用後の副作用をめぐる損害賠償訴訟の判決が最高裁であり、上告棄却、原告側敗訴で確定しました。 [参考記事]イレッサ訴訟 遺族側の敗訴確定 最高裁決…

2013年4月25日

続:医薬品のネット販売の事実が判明しました。

続:医薬品のネット販売の事実が判明しました。

先週の記事、ご覧いただきありがとうございます。大きな反響があり、記事下にコメントをいただいたほかにも様々な意見を賜りました。 そちらにも書かせていただきましたが、対面VSネットとい…

2013年2月26日

医薬品のネット販売の事実が判明しました。

医薬品のネット販売の事実が判明しました。

今年1月11日に、一般向け医薬品のネット販売規制を定めた省令に対する、ネット販売業者が起こした訴訟で、原告の主張を認める判決が確定しました。ご存知の方も多いと思います。 私はい…

2013年2月21日

PATH

PATH

ちょっと前の話になりますが、10月7、8の両日、2年ぶりに第45回日本薬剤師会学術大会が浜松市で開催されました。昨年は震災で中止となりましたので、そのぶん来場者のモチベーションがさら…

2012年12月14日

ワクチン接種後の死亡例が、考えさせてくれたこと

ワクチン接種後の死亡例が、考えさせてくれたこと

先日より、ワクチン接種後の死亡例について連続して報道がなされています。 事故は痛ましいことですが、因果関係の調査については慎重かつ確実に進められるべきだと思っています。基本的に…

2012年11月16日

どうなるの調剤ポイント?-調剤ポイント制禁止の議論について-

どうなるの調剤ポイント?-調剤ポイント制禁止の議論について-

10月1日から保険薬局での一部自己負担金にかかるポイントを貯めたり使ったりすることが禁止されましたが、いろいろ動きがあるようなのでその背景などを紹介します。 そもそも日本の保険…

2012年10月11日

BMATで分かったこと(3)

BMATで分かったこと(3)

BMATの内容でさんざん引っ張ってきてしまいましたが(笑)、今回が最後です。薬剤師がこう言うのは当たり前なのかもしれませんが、「お薬手帳」の重要性についてお伝えしたいと思います。 …

2012年9月20日

BMATで分かったこと(2)

BMATで分かったこと(2)

(支援で訪問させていただいた 石巻 渡波小学校避難所) 今回はBMATを展開するにあたって、もっとも重要視した点についてお伝えしたいと思います。 それは「情報支援」が災害支援にと…

2012年9月14日

BMATで分かったこと(1)

BMATで分かったこと(1)

今回はBMATの成り立ちから、実際の支援で経験したこと、感じたことをお伝えしたいと思います。 実は私は福島の郡山出身です。津波被害はなかったものの、震度6弱の揺れに襲われましたから…

2012年9月6日

「B」MAT

「B」MAT

前回、震災発生直後の話をさせていただきましたが、今回は、私たちの震災支援のお話をしたいと思います。当時、当然ながら自衛隊をはじめ多くの公的組織が災害地へ支援の手を差し伸べていました。…

2012年7月27日

思いさえ、あれば

思いさえ、あれば

2011年3月11日からの数日間、皆さんはどんなことを考え、どう過ごされていましたか。 記憶が鮮明な方も多々いらっしゃると思います。この頃は原発事故の悪化、計画停電の実施、さら…

2012年6月29日

恥ずかしい「日本オリジナル」

恥ずかしい「日本オリジナル」

埼玉で細々と薬剤師っぽいことをしております水八寿裕(みず・やすひろ)と申します。 最初に自分のプロフィールを申しますと、95年に都内の薬学部大学院まですすみ、 その後国内大手製薬…

2012年5月24日

水八寿裕
ふくろうメディカル代表
薬剤師
東京理科大学薬学部
臨床准教授
プロフィール
1968年福島県郡山市生まれ。
高校卒業後家庭の事情等で医学部を目指すも学力不足により進学を断念。2浪の末1990年東京理科大学薬学部に入学。4年次に就活を試みるもバブル崩壊の影響で就活をストップし大学院へ進学(研究室に居残りという表現が正しい)。
なんとなく有機科学の薬学研究科修士修了。バブル崩壊の影響は2年後も続いており、渋い有機化学(当時はバイオ系が流行)専攻では製薬会社研究所の就職口が見つからずMRで就活すると一発で内定。武田薬品工業(株)にて10年MRとして勤務 その後薬剤師(薬局・大学病院・診療所)人材会社を経て現職。
*ふくろうメディカル:個人事業で医療関連の著作・研修資料作成などを行っています。