医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

間違っている、だけではすまない恐ろしい話

2017年7月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週耳を疑うようなニュースがありました。

[参考:外部リンク]食塩中毒で乳児を死なせた疑い 保育施設経営の女逮捕

コメントは控えますが、

塩6グラム以上を水で溶かして、一歳の子どもに飲ませたということです
塩6gの目安は、
海水を200ml、醤油だと大さじ2強
これを飲ませたということです。

危ないです。
ちゃんとした量を伝えないで、脱水症には塩塩!というのは嫌いです。
高齢者だって塩の取りすぎは命に関わるのです。
ネットをみると、手作り経口補水液の塩の量が間違っていることが良くあります。

500mlの経口補水液は
食塩1.5g
小さじ4分の一です。
砂糖は20g
大さじ2強です。

経口補水液はがぶ飲みするものではありません。
そんな情報ですら、間違っていることがおおいです。
ネットの情報を鵜呑みして信じるのは危険です。

在宅訪問管理栄養士 森田千雅子
(KAIGOスナック ちかこママ)
<所持資格> 在宅訪問管理栄養士 介護支援専門員
NST(栄養サポートチーム)専門療法士
ホームヘルパー2級 調理師