医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

増やす、ではなく

2016年6月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症に対する施設の対応は千差万別です。
「不隠」と分類される状況に対し、ある施設では「先生、薬を減らしてみたらどうでしょう」と提案され、ある施設においては「お薬を増やしていただけないでしょうか」と相談される。
もちろん薬を増やすべき局面もある。
ただ、薬を減らすことの成功体験を共有できると、薬の負の影響力が理解できるようになる。そうすると「困ったら薬を増やす」から「薬を減らせないか?」に思考回路をスイッチできる。
最大のハードルは最初の減薬。同行薬剤師さんの援護射撃があると心強い。勉強していない専門職ほど、減薬を受け入れることに抵抗を感じる傾向が強いように思う。
偏見でしょうか。

 

Photo by Aaron Fulkerson

佐々木淳
医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長
プロフィール
筑波大学医学専門学群、東京大学大学院博士課程卒業。三井記念病院、医療法人社団 哲仁会 井口病院副院長等を経て、24時間対応の在宅総合診療を提供する医療法人社団 悠翔会を設立。