医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

病院だからこそ、こどものこころを癒したい

2012年7月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、私が主に勤務する東京女子医大の、主に心臓と脳の病気をもつ子供を扱う病棟で行っているプロジェクト「アートでこどもにHAPPYを!」をご紹介したいと思います。

ここに入院してくる子どもたちは、残念ながら多くがすぐに退院できるような病気ではありません。少なくとも数ヶ月過ごす病室が、白いばかりの無機質で殺風景な状態では、入院しているこどもの「心」を癒すことはできない…と思い、イラストレーターの方々のご協力を得て、今年から細々と始めております。

お正月や節分の豆まきといった時節の事柄を題材に、お部屋の模様替えという感覚で何回かイラストを貼りました。本当に手弁当で、描いていただいたイラストを私たちスタッフが壁や天井に貼るという、完全にローテク&アナログな(笑)プロジェクトなのですが、ステキなイラストが病棟に飾られるたびに子供たちが本当に喜んでくれるので、私たちもうれしくなってしまうのです。

「ホスピタルアート」という言葉はそれなりに知られてきて、全国的にもモデルとなるようなケースがいくつかの病院で行われているようですが、まだまだ散発的な動きにとどまっています。ダイレクトに子供の反応が変わるやりがいのあるものなので、他の病院にもどんどん広がってほしいなあと思っています。

このプロジェクトはFacebookページも作っていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

http://on.fb.me/MlUQqw

立石実
東京女子医科大学 心臓血管外科
プロフィール
熊本大学医学部卒業。同年東京女子医科大学日本心臓血圧研究所心臓血管外科入局。中野佼成病院、聖隷浜松病院、富山県立中央病院、京都府立医科大学に出向。2009年~現職。専門医資格:心臓血管外科専門医、外科専門医、循環器専門医
著書
こどもの心臓病と手術